今日の「ぼく鉄」

小次郎敗れたり
4月30日(木曜日)


すみません、小次郎じゃなくて特急のいなばです
悪いですけど、先を急ぎますので通過しますよ
武蔵さん
(智頭急行線 宮本武蔵駅)




次は、何時(いつ)かいのぉ
4月29日(水曜日 昭和の日)



仲間内では女性が写っている頻度が高く、
撮り鉄ならぬ盗鉄呼ばわりされていますが、今回も写っていますね
しかも主題扱い
列車が来ていればもっと良かったんですが
さっき行ったばかりで小一時間は来ません
いつになくハイキーで、のんびりムード満点
可愛い麦藁帽子がお似合いです
(関西本線 大河原〜笠置間




あんりゃ、誰だおめぇ?
4月28日(火曜日)



運転席に乗り込もうとした「ぐっさん」似の運転士さん
運転席でヘビがとぐろを巻いていたのか
はたまた、狸の運転士さんが座っていたのか
理由は、分かりませんが確かに一瞬
躊躇したように見えました
(小海線 小淵沢駅)




初めての関西本線
4月27日(月曜日)



信楽に行くつもりが、何故か着いたのが加茂
(カーナビの言うこと聞かないから)
そういうことなら前から行きたかった関西本線へ
特急どころか快速すらない超のんびり路線
ここは通わないと、ちょっと手強い相手です
(関西本線 大河原〜笠置間)




Beautiful Sunday
4月26日(日曜日)



は〜っ は〜っ は〜っ びゅーてぃふるさんでぃ
なのでありますが、本日はある事情から
自ら買って出ての日曜出勤なのであります
若人が、ボートを漕いでゆく頭上を「特急はるか」が通り過ぎる
ボートのほうは、息が合っていなくて船足はいまひとつ
「気合いれて、漕がんかい!」
「あんたも、気合いれて撮らんかい!」
すみませんね
(東海道線 神埼川橋梁)




八重の桜
4月25日(土曜日)



何度も来ている信楽ですが、事故が起きてからは
初めてかもしれません
1991年5月14日といいますから、もう24年前になります
ちょうど世界陶芸博の期間中でした
今は、リサ・ラーソン展が開催中
八重桜の向こうを、ラッピング列車が登ってきました
僕は、八重桜が一番好きですね
ちなみにこれは関山(カンザン)と言うそうです
(信楽高原鐵道 紫香楽宮跡駅)




本物の撮り鉄さん
4月24日(金曜日)



いささか恋する季節を脱した感のある
乙女たちではありますがほほえましい風景
列車交換待ちとはいえカメラマンは運転士さん
ここでは、便宜をはかって5分くらい停車してくれます
結局誰一人降りず、運転士さんは
全員が乗ったのを確認して発車して行きました
残ったのは、僕とハスラー君の二人連れ
30分後に来る「はくと」を狙います
(智頭急行線 恋山形駅)




恋する春の日
4月23日(木曜日)



日本に四つある恋の駅
母恋駅(JR北海道)、恋し浜駅(三陸鉄道)、恋ケ窪駅(西武鉄道)
そしてここ、智頭急行線の恋山形駅
全てがピンク色
一日の平均降客が二人という、まさしく恋する二人の駅
ぼくがいた2時間半の間の乗降客はゼロ
一人、神戸ナンバーの同病者はいましたけど
路線が黒字だから出来る計らいかもしれません
(智頭急行線 恋山形駅)

おまけ



左の一番下の絵馬
取り付けがちょっとヘンでしょ
残念ながら、特急の風のあおりで糸が切れてしまったのを
僕が付け直してあげました
新しい恋を見つけてください




駅の灯り
4月22日(水曜日)



少し季節が移り変わってしまいましたが
大阪市営地下鉄のシャンデリアシリーズ第三弾
しばらくローカル線が続きましたが街にも
街なりの良さがあります
駅と列車と通り過ぎる人
列車だけが鉄道写真じゃないと、ぼくも思います
(天王寺駅)




硬いヤツだとお思いでしょうが
4月21日(火曜日)



線路って、決して真っ直ぐじゃないことがわかりますよね
それにしてもすごい
乗り心地は、サスペンションではなく
あくまで軌道です
しかし、新幹線のように揺れないローカル線も
味気ない気もしますけどね
(上田電鉄 別所温泉駅)




高速通過中
4月20日(月曜日)



近頃、ちょっとこのHOTがマイブーム
H(兵庫)O(岡山)T(鳥取)で、HOTなんだって
いや〜、これは
流れ具合といい、光具合といい、止め具合といい
運転士さんのマスクといい、
なかなかいいと思うんだけど、どう?
(智頭急行線 平福駅)




見かけによらず高速で列車が通過します
4月19日(日曜日)



信号は、上下線とも赤
列車は、まだやってきません
13時にいたっては、普通列車は来ないのであります
閑散とした路線ですが、ここは北越急行線と並ぶ黒字路線
京都から大阪経由で鳥取を結ぶ「はくと」や
岡山からの「いなば」が乗り入れる
よって、枕木が高速運行に対応して全てPC枕木
あちらは、ドル箱の「はくたか」を失い厳しくなりそうですね
もうすぐ青に変わり、特急が通過し、また静寂が戻ってくる
(智頭急行線 平福駅)




禁煙中のSLってのは
4月18日(土曜日)



雨の合間の晴天と言うことで、ちょっと足を伸ばして鳥取県へ
先日SLが復活したと新聞記事に出ていたので
早速やってきましたが、どうも石炭では動いていないようで
圧縮空気が動力なようです
煙のない蒸気機関車と言うのは、クリープを入れない
コーヒーより物足らなさを感じますなぁ
路線存続の努力は勿論認めます
SL一台走らすのは、膨大な経費と手間がかかりますからね
(若桜鉄道 若桜駅)




見っけた!青ガエル
4月17日(金曜日)



東急5000系
最大の特徴である下膨れ感がやや弱いけれど
とうとう「青ガエル」に会えました
現役の熊電もこの秋で引退とか
ここでは静態保存と言うよりも放置プレイに近いかも
この顔、まだ似ているのがあるでしょ?
そう
ガチャピン
(アルピコ交通上高地線 新村駅)




わたくし、八木沢まいでございます
4月16日(木曜日)



全国に鉄道むすめというキャラクターがいまして
上田電鉄のむすめさんは、「八木沢まいちゃん」
キャラクター通りの袴に洋靴スタイル
改札に発車確認、窓口業務までこなします
ローカル線はどこも少ない人員でやり繰りされていますね
今日は、まいちゃんのお母さんが登場!
すみません 冗談です
ちなみに,
我いとしの渕東なぎさちゃんは入っていません(T_T)
(上田電鉄 別所温泉駅)

おまけ





御神木のある駅
4月15日(水曜日)



ホームに木が生えている駅として有名なのは京阪電車の萱島駅
高架線の屋根を突き抜けて生えている
それほど有名でも派手さもないけれど
我が宝塚線にも立派な御神木のある駅がある
駅名も改まり「服部天神駅」
昔は、境内の一部だったかもしれないね
電車が画面の半分を埋めているのは、ちと頂けないなぁ(反省)
(阪急宝塚線 服部天神えき)




油絵っぽいでしょ?
4月14日(火曜日)



一張羅の300mmがキャノンなので480mm換算になるんですが
まだ、足らなくて掟やぶりのトリで引っ張ってみたら
もやが出てたのか、油絵のようになりました
光量あっての話しだけれど、割とお気に入り
(JR福知山線 草野駅付近)




あった!ダイヤモンドクロス
4月13日(月曜日)



かつて阪急神戸線と今津線が平面で直角に交差していた
このダイヤモンドクロスを探して何人かに尋ねたが
誰も知らない 阪急の人も知らなかった
駅から少しはなれた小さな公園の中にそれはひっそりとあった
1984年に撤去されて31年
思えば、この場所は西宮球場の跡地
昭和の夢の跡です
(阪急電車 西宮駅付近)




ダイヤモンドクロスを探して
4月12日(日曜日)



この鉄橋、アンダー気味でよく分かりませんが
相当年季が入っています
せめて塗装くらいしてもいいのでは
阪急唯一のワンマン運転区間
太陽のギラリが思ったほど出ていませんねぇ
(JR東海道線と阪急今津線のクロスポイント)




屋根の凹みが気になりますが
4月11日(土曜日)



久しぶりの休日出勤前撮り鉄
調べてみると大阪発着の気動車と言うのが
まだ残っていました
このワイドビューひだのほかにスーパーはくと
床下のデカいディーゼルエンジンが軽快な音を残して通り過ぎる
(東淀川の開かずの踏切)




峠の力持ち兄弟
4月10日(金曜日)



EF64の重連
松本と長野では、250mの標高差があります
スイッチバックの姨捨も通りますしね
よく見ると、ブレーキシリンダーが二つあることに気付く
近頃撮っていなかった青い一枚です
(南松本駅)




いささか、流れ気味ではありますが
4月9日(木曜日)



思いのほかの花冷えで、桜も長持ちしている間に
桜ネタを使ってしまわなければ
隣で撮ってたオヤジも「おっ!黄色が来た!」とお喜び
やはり、旧国鉄色は年配には受けるようです
いま思えば、絵になるカラーリングです
(藍本駅)




今や日本一
4月8日(水曜日)



今回持参したコンデジはやはり非力でしたが
こういったアングルはこれから見れなくなるかもしれません
今日現在、一番長い距離を走る昼行特急列車は
大阪〜長野間441.2kmを走る「しなの9号 16号」
JR東日本・東海・西日本を走る唯一の存在
木曽の山間を縫うように走ります
名古屋で乗り換えたほうが1時間早いですが
終点大阪まで乗るのは、当然であります
(ワイドビューしなの16号 大阪行き 3号車より)




デンして帰ってきたぞ
4月7日(火曜日)



珍しく一泊出張の松本も寒かったけど、大阪も負けじと
寒いですねぇ
おかげで、桜のもちが良いように思います
それにしても
ベンチのあなた 疲れてますねぇ
ぼくも、いささか疲れましたけどね
(新大阪駅)




きっとね、とは言いましたが
4月6日(月曜日)



こうも早くに、松本に舞い戻るとは
思いもしませんでした
迎えてくれたのは、なぎさちゃんではありませんでしたが
何故か落ち着く松本であります
(松本駅)




春爛漫
4月5日(日曜日)



本日、駄文なし
(藍本駅)




いのち短し 恋せよ乙女
4月4日(土曜日)



明日は雨と言うことでたぶん、今日が桜のピーク
冬の間に見つけたポイントへやってきました
普段は、何の変哲もない無人駅ですが
今日は、文字通り華やいで見えます
(JR福知山線 藍本駅)




決して路傍の石ではありません
4月3日(金曜日)



ここに写っているバラスの中にはひとつとして
無駄なものはありません
ひとつひとつが安息角を構成し
車両の重量や遠心力、そしてレールの曲がり具合までを
維持しています。
めったに列車は来なくとも、そこに君がいるおかげで
ぼくは、ここまで来れた
(小海線の踏み切りにたたずんで)




1/6400秒の世界
4月2日(木曜日)



200km/hオーバーで通過する新幹線の車窓から撮った
停車中のN700
ここまで止まって写るんですね
いにしえのOM-1は、1/1000までしかありません
恐るべしデジカメ
ミルククラウンも撮れるんでしょうね
(のぞみ323号の車窓より)




さよなら なぎさちゃん
4月1日(水曜日)




別れの涙で、目がかすんでしまい
なぎさちゃんの顔がぼやけてしまいました
また、松本にやってきます 
きっとね
(松本駅)