今日のぼく鉄

雪の帽子
1月31日(土曜日)



1時間に1本くらいしかない路線ですから
乗り遅れたら完全に遅刻
ホームで待つ間に雪まみれの八雲高校の学生さん
頭の雪を払うことなく、スマホってところが
いかにも現代的ですが、雪国育ちじゃない
僕には驚きの風景
(JR北海道 函館本線)




そもそも、斜坑と言うのはですね
1月30日(金曜日)



忘れた頃にやってくる、何だこれはシリーズ
北斗星は、ただいま竜飛海底駅を通過中
普段なら聖地「青函隧道」の能書きを垂れるところですが
今夜は、遠く離れた重慶でいささか酔って候
能書きなしで通過します
(JR北海道 竜飛海底駅)




しばれる
1月29日(木曜日)



DD10の先頭デッキに立っての入線
たぶん外気は、氷点下も二桁近く
体感温度は、察して知るべし
背中は内燃機関のおかげで少しは暖かいかもしれないけれど
顔は、たまったもんじゃない
「誰も俺に話しかけるんじゃねぇぞ 口があかねぇんだ」
と言うくらい寒そう
(JR北海道 函館駅)




右よし 左よし
1月28日(水曜日)



「ここは、アタシの通勤路
だって歩道橋なんかないもんね」
確かに有視界内に歩道橋らしきものはなし
たぶん、あっても使わないでしょうけど
運転士も心得たものでかなり前から汽笛を鳴らして
列車の通過を促している
だけど、バラストの法面が崩れるんだけどなぁ
(重慶市 北培駅付近)




撮り鉄で一番大切なのは安全です
1月27日(火曜日)



とは、鉄道写真の大御所 広田尚敬先生の教え
十分に気を付けてはいますが、ここまで近くに寄れるとなると
思わず興奮してしまいます
列車は、そばによるとデカイデス
スピルバーグの「激突」を髣髴させる貨車が通りすぎる
どう見てもブレーキがないように思うんですけど
内装されているんでしょうか
(重慶市 北培駅付近)




いとしのハスラー君
1月26日(月曜日)



納車以来3ヶ月で700Kmしか走っていないハスラー君
元気ですか?
まだ、一度も洗っていないけど今頃は、すっかり誇りだらけでしょうね
出張から帰ったらたっぷり足を伸ばして
撮り鉄に行きましょう
(JR福知山線 道場〜三田間)




朝もやの中を疾走
1月25日(日曜日)



しているわけではありません
とっくに正午は過ぎているわけでして
これ、ただのスモッグじゃないんでしょうか
重慶出張もやっと折り返し
早く祖国に帰りたいよ
(重慶市 北培駅付近)




標準軌 軌間長 1435mm
12月24日(土曜日)


本日は、都合で明日との振替休日
徘徊の途中、道に迷い思った方向と反対へ
でも、おかげでこんな写真が撮れました
日本じゃ絶対に怒られます
横を貨物列車が通過するんですから
こうしてみると車輪の接地面積がごくわずかなことがわかります
理論上鋼同士の車輪とレールは線接触ですもんね
(重慶市 北培駅付近)




2012年開業
1月23日(金曜日)



ここは地下駅なので二重扉になっている
運行も結構正確に行われているね
ただ、途中で両天秤のおじさんが生餃子満載で
乗ってきたのには、まいった
なんか、そこだけ妙な匂いが漂って周りが避けてたね
このいかにもチャイニーズのおじさんじゃないよ
駅はきれいけど、大便トイレがひとつしかなく
小便器の横に、てんこ盛りしてあったのには閉口したぜよ
(重慶軌道交通6号線 天生駅)




なんとも悔やまれる一枚
1月22日(木曜日)



この景色はどこかに似ている
そう、サンフランシスコのあの坂道
摩周丸が係留されているあたりがアルカトラズ
しかし
なぜ
下の電車道に、市電が来るまで待てなかったんでしょうね
めったと行ける場所じゃないのに
ただの風景写真になってしまった
(函館)




お疲れ様
1月21日(水曜日)



小柄な身体に大きなカバン
安全運行、ありがとう
すっかり忘れていましたが、
小学生の頃の夢は運転士さんでした
彼女はきっと夢を叶えたんでしょうね
後姿が、なんとも凛々しい
ずっと続けてくださいね
(東海道線 沼津駅)




ああ、上野駅
1月20日(火曜日)



スマホで写真を撮る人が多いですね
それがまた、結構キレイに撮れるんです
でも、記録ではなく記憶を撮るならやはり一眼
「漫然とした写真は撮らない」と戒めてはいますが
つい、その場の雰囲気に流される
(上野駅 13番ホーム)




もしかして侮れないない強敵(ライバル)
1月19日(月曜日)



このエリアは、歴史ある建物が多く、対岸から見る夜景は綺麗だそうです
その建物の真上を通る大橋
日本では、安全面からしてありえないのでは
左側は、すぐトンネル 土被りは少ないけれど
その上をビルが乱立している
厦門の海底トンネルと言い、上海〜寧波(ニンボー)間の
30kmに渡る海上橋といい、もしかして中国の土木技術は
軍事力以上に強敵ではないかな
(千厮門大橋)




千厮門大橋
1月18日(日曜日)



ホテルの前が地下鉄の駅なので、朝天門まで行くことにした
「天生」から「小什字」まで21駅 1時間
結構、乗り応えがある それでいて7元(140円程度)
中国の公共鉄道は本当に安い
大阪市営地下鉄とは大違い
この路線、ほとんどが、地下かトンネル
トンネル区間は、「ほくほく線」を思い出させるほど
この橋は、全長720mで関門橋のスパンより8m長い
向こう岸のトンネルを出た途端、橋になりまたトンネルに入る
「白い空は親の敵と思え」との教えではあるが、中国では難しい 
特に重慶は年中霧で、中国でも一番日照時間が短いとか
いつになく思い切ってハイキー
(重慶軌道交通 )6号線

おまけ

アゴが出ています



これが精一杯の太陽





重慶の夜は、まだ明けず
1月17日(土曜日)



神戸の震災から20年
あの朝は、忘れませんね。
しかし、時は流れ、僕の小さな人生にも幾多の変化があり
20年目の朝を、中国は重慶市で迎えました
北緯28度から32度 ほぼ奄美大島と同緯度
午前7時 まだ真っ暗です
(重慶市 軌道交通 天生駅)




僕だってブーツはいてるもん!
1月16日(金曜日)



冬の足元といえばブーツですよね
この台車、もうこれ以上はないといった凍て付きようですが
ブレーキシリンダーのピストンはしっかりブーツでカバー
凍りついたら困るもんね
最近は、シリンダーが露出していない車両も多いですね
(函館駅)




安全祈念
1月15日(木曜日)



機関車の赤いボディに映える
小さな小さなマリア様
今日も事故怪我のないように祈ってくださいます
僕の重慶出張も無事に終わりますように
(JR西日本 吹田総合車両所)




うーん、ちょっとなぁ
1月14日(水曜日)



そんなもんです
なかなか狙っても、思うようには撮れませんし
何気なく撮った一枚に傑作があったりします
そこが、鉄道写真の面白いところ
上野駅は、何度行ってもいい駅ですね
寝台列車がバックで入線する始発駅はそうはない
(上野駅 13番線)




今日も元気だ タバコが旨い
1月13日(火曜日)



旨そうにホームでタバコをくゆらすオジサンの影
煙の影が上がっていたらもっと良かったんだけど
このあと、小樽への峠越えの降雪はすごかった
ワンマンで運転するのは心細いね
(JR北海道 函館本線 長万部駅)




しばし、止まれ
1月12日(月曜日 成人の日)



全く気がつかなかったけれど、踏切の警告灯もお洒落になったものです
そばに寄ってみると思いのほか大きいですね

さて、
明日より久しぶりの中国は重慶巡業
大阪モノレールを抜いて世界一の営業距離を誇るモノレールがあるとか
機会があれば、乗ってみたいものです
現地から、更新が可能かどうか分かりませんが
頑張ってネタ繰りしておきますので乞うご期待!
2月4日帰国の予定です
(阪急宝塚線 石橋駅踏切)




小樽 午後3時5分前
1月10日(日曜日)



さすが小樽は、歌にもなるだけあって旅情あふれる街
運河と、レンガ立ての倉庫
海を見渡せる小高い丘と廃線跡
そして、所狭しと並ぶお土産屋さん
でも、今回の旅は小樽駅から一歩も出ず
Xmas前だったからか、ホームのランプにはリースが
いかにも教会と港町の駅舎らしい風情でいいね
(JR北海道 函館本線 小樽駅)




かなりハイペースのようで
1月10日(土曜日)



何がって、ウイスキーの減りですよ
結局、福島までに空になり、苦労して取った「北斗星」で爆睡
なんとも勿体ないことをしました
ちなみに「北斗星」は、定刻8分遅れで函館に到着
先日、「トワイライト」が16時間遅れだったとか
さすがに乗り鉄もこれにはまいったでしょうね
(北斗星 デュエット)




Sunshine of your love
1月9日(金曜日)



まるで夏のように光り輝く
戸閉ランプがまるで点灯しているようです
いつもは味気ないステンレス車体ならではの一枚
ギラリ狙いは、太陽の軌跡が低い冬が合っているのかもしれない
(JR東海 三島駅)




新学期の朝
1月8日(木曜日)



すべての信号は赤
始発列車もまだ入線せず
夏だったらそれも通るかも知れないけど
この時期、まだ始発は真っ暗ですからね
実は、これは夕方
デジタルカメラに騙されちゃいけません
(JR西日本 大阪駅)




Never Marry A Railroad Man
1月7日(水曜日)



このタイトルは僕が中学の頃に大ヒットしたShocking Blueのナンバー
邦題は「悲しき鉄道員」
「彼の頭にはNew Trainしかないから好きになってもだめよ」という内容
連結器の両サイドのダンパーは、日本の車両にはないね
配管を接続中ですが、それにしても、カラフルな作業着
この頃から撮り鉄だったんだと思うけど
バッグにピントが合っているのがなんとも情けない いや、ありかな?
中身は、愛妻サンドウィッチだったりして
(オーストリア ウィーン駅)




オイラは機関士
1月6日(火曜日)



詳しいことは知らないけれど、今では総じて運転士と呼ぶらしい
ヤですね、この押し並べて言う風潮は
「ネクタイしてて、このDE10が動くもんかい!」てな
意気込みが横顔から伝わってくるでしょ
帽子の顎ひもとなっぱ服の背中が泣かせます
視線は船のような丸い窓の外へ
顔の前には空間を作るのがセオリーだけど
キャビンのハダカ電球の灯りには勝てなかった
(JR東日本 函館駅)




仲睦まじく
1月5日(月曜日)



我家がそうであるように、夫婦して同じ趣味と言うのは
意外と少ないのでは
このご夫婦、歩調まであっているところが
なんとも微笑ましい
(JR福知山線 道場駅付近)




明日から仕事です
1月4日(日曜日)



いつもより長かった正月休みも終わりです
明日からまた、ブツクサ文句を言いながらも
頑張って暮らしていこうと思います
ジョブスは言いました
「今日が最後だと思って生きろ」
朝に礼拝 夕べに感謝
柄にもなくそんなことを思った今日でした
(新淀川 河川敷にて)




どつく前?
1月3日(土曜日)



昭和25年生 東京生まれ(日本車両)
今年ちょうど65歳 僕より年上
まだ、現役で愛され走っている姿を見ると
自分も弱音を吐くのはまだまだ早い気がしますね
フードを立てて扉が開くのを待つ女性と横殴りの雪
ここは、終点なので運転士さんが後ろに移動するまで扉が開かない
毛筆書体の方向幕は、車両とマッチしていて素敵だけれど
 ちょっと「つ」が大きくないですか?
気になったので調べて見たら
由来でもある「函館ドック」と言う会社が「函館どつく」に
社名変更したためらしい  
やはり気になる人がほかにもいたんだ
(函館市電 函館どつく前)




ただいま待機中
1月2日(金曜日)



正月休みもあと2日
楽しいことと言うのは、瞬時に過ぎてゆく
出番を待つEFの面々ですが、この10分後に雪が降りだすなんて
思いもしなかったね
掲載していて言うのもなんですが、止まっている車両というのは
博物館のようで面白みに欠けますね
今年は、平凡な被写体に面白みをどう加えるかが課題です
(JR西日本 吹田総合車両所)




後戻りしないで前へ

1月1日(元旦)



明けましておめでとうございます
毎日更新をはじめたのが2014年8月18日
まだ半年足らずですが、日記の類は十日と続いたためしのない
僕にとっては、奇跡に近いものがあります
新年にあたり、少しだけリニューアルしました
今年も写真道に精進するつもりですのでよろしくお願いします
(阪急宝塚線 豊中〜蛍池間)