今日のぼく鉄

軒付
5月31日(金曜日)



最近、ただただ無念で
祈らずにはおられない痛ましい事件が
多いですね
彼は、行の先に
何を見出そうとしているのでしょう




久しぶりの、なんだこれは
5月30日(木曜日)



どうしてこんなのが撮れたのか
前後のショットを見ても見当がつかない
なんかのぞき窓のようにも見えるし
仮面の目のようにも見える
本当に分からないんですが
なんか削除できない1枚なんです





あと10円
5月29日(水曜日)



難しい話はおいといて
こんな一瞬を撮る快感に目覚めますとですね
以前のように、田んぼに突っ立て
一瞬しか来ない列車を延々と待つといったスタイルが
億劫になってしまってます
街に出るとそこらじゅうに一瞬が転がっている
それも他人様の
ストリートスナップは
能書き垂れてる暇なんかないのがいい
とにかく街に出よう
何も撮れなくても歩けば健康的でしょ





小さな踏切
5月28日(火曜日)



いや〜、久しぶりに撮り鉄しました
と言っても僕の場合は、昔から鉄道スナップ
一度は来てみたかった神戸市垂水区塩屋
ここは、まるで小さな尾道ですね
石段を登って洋館にのこのこ入って行ったら
あらま、結婚式
カメラぶら下げていたので
カメラマンに間違われてしまいました
(塩屋)




ありがとうございます
5月27日(月曜日)



thank you 謝謝 merci danke gragie・・・・
感謝の言葉は数あれど
なんて我が日本国の言葉は美しいんでしょう




本日もま〜るく
5月26日(日曜日)



はっきり言って、彼女は撮影の邪魔ばかりしてくれたんですが
そこは逆転の発想
彼女の髪飾りへの映り込みを撮ることに
こういう時に超広角はありがたい
これ以上ないほど寄って寄っての1枚
もちろんシャッターの音なんかこの際気にならない
写真は、ネバーギブアップ
(神戸まつり)




まるく ま〜るく
5月25日(土曜日)



いささかカメラぶら下げて日中徘徊スナップするのは
きつい季節になってきました
もう音をあげてんのかと言われそうですが

これからの季節は、早朝か夕方がいいね
なんせ、早朝は得意な時間帯
休みの日は、4時過ぎに目覚める
それにお天道さんが高く上がると
影が出なくて面白くないんだよね
(三宮)




足早に去っていく君へ
5月24日(金曜日)



出会いがあれば別れがある
「出会いと災難は突然やってくる」
これは、私の格言の一つなんですが
別れはもっと唐突にやってくる
そんな風に思うんです
(中之島)




個性的なセッティング
5月23日(木曜日)



ドラムス
バンドの重鎮というか、他がそこそこターヘーでも
ドラムスとベースが上手けりゃなんとか格好になる

それにしても、ハイハットの位置が低いなぁ
それに反して、椅子の位置が高い
そうかぁ
今日のドラマーは
Mr.Ringo Starr
ですね
(京町筋)




ハイ ワン2 ワン2
5月22日(水曜日)



おお、かかとも上がらずなかなかやりますね
街中スナップをしていて
歩いてる人をよく撮るのですが
膝が伸びていない人の多いこと
ほとんどの人が曲がっています
健康の源は、じつは膝じゃないんだろうかと
思うんですよ
ストリートスナッパーは、足が命
さて、僕も寝る前にイチニ イチニ
(いつもの公園)




誰が何と言おうといい
5月21日(火曜日)



どうだ!古いカメラでもここまで撮れるぞ!
前ボケ後ボケもバッチシ
さすがはフルサイズ
久しぶりに疼く1枚が撮れました
写真は、まずカメラマンが疼かないと
伝わらないよね
これで真っ赤なマニキュアだったら
もっと冴えたんだけどな
(神戸まつり)




Bravo!
5月20日(月曜日)



さあ、いよいよ力士隊の登場なんて
そんな失礼なことは申しません
その破壊的なまでに圧巻なダンス
本当は、ぼかすことこそ失礼だと思うのです
でも見せたいものに視線を誘う
これも写真の本質だと思うのでありますな
(神戸まつり)




一度は行きたい枠の中
5月19日(日曜日)



初めて神戸まつりに行ってきた
一番人気はサンバパレード
というかほかは行ってない
1時間半前に行ったけど
いい場所は、カメラ親父たちがすでに陣取っていた
僕は当然枠外
彼女は、枠の中
この差はデカイ
これでいいのが撮れなかったら
嘘でしょ、て感じ
でも、仕事じゃない僕は思いっきりゲスなのが撮れるもんね
負け惜しみにしか聞こえないなぁ
(神戸まつり)




引きこもりの一日
5月18日(土曜日)



今週はちょっとハードだったこともありますが
本日は、どうも写欲がわかず
1枚もシャッターを切らなかった
曇天だったのは言い訳にはなりませんが
まあ、そんな日もあります
(梅新交差点)




激突!
5月17日(金曜日)



当サイトは、写真帳ですので
新しいショットにこだわる必要はないのでありまして
古いものの中からでも新しい発見がある
それこそが写真だと思うのであります
これはもう三年前にチェンマイに行った時の一枚
もう撮った時からタイトルは決まりでしたね
スピルバーグの出世作
踏切で、後ろから押されるあのシーン
分かる人だけ分かっていただければ幸いです
写真は、そんなもんでしょう
(チェンマイ站付近)




みんな笑ってる
5月16日(木曜日)



思えばこの頃、腹の底から笑ったことないなぁ
とくに家庭で
がん細胞は、笑に弱いとか
明日は、ちょっと無理してでも
笑ってみるか




沈埋工法のトンネル
5月15日(水曜日)



ちょっとは大阪のネタもということで
久しぶりの安治川隧道
その昔は、源兵衛渡しの地名通り
渡し船があったそうな
昭和19年の開通だけど
今でも生活道路として現役です
(安治川隧道)




もしかして
5月14日(火曜日)



東京駅の丸の内出口っていいよね
辰野金吾の設計思想を現代に生かしている
上野駅もそうだよね
昔は、金の卵と言われて
中学を卒業して集団就職で降り立った駅
それはそれとして
僕のファインダーは、柱にもたれかかるこの人物
たぶん女性だと思うのですが
どうも最近、異界を観すぎているのかなぁ
(東京駅)



幸せなヤツ
5月13日(月曜日)



つい先日、体の不自由な方と
ホームレス、そして幼い子供たちの扱いについては
注意していると書いたけど
酔っぱらいは論外
だいたい、こんなに肥満体のホームレスはいないでしょう
ロング缶1本でつぶれるような体躯じゃないよね
お店の人は大迷惑
(谷中銀座)



RAWで撮ろう
5月12日(日曜日)



皆さんは、写真をどんな形式で保存していますか?
僕はなるべくRAW+JPEGで撮っていますが
なんせHDDバカ食い
でもRAWってはずせないんよね
一見失敗作がよみがえることがある
この写真も向こうの木々がつぶれていたんですが
なんとか蘇りました
HDDも安くなったのでそんなこと気にしないで
ガンガン撮ればいいんですが
フィルム世代は、どこかせこい
それと電池
入れっぱなしにしておけば勝手に切れるのに
その都度オフって、シャッターチャンスを逃す
フィルム世代がせこいのではなくて
ただ僕がせこいだけかもしれませんが
(東京駅)




ピンの位置が違うんだけど
5月11日(土曜日)



上野駅は大阪でいえば天王寺駅が近いとは思うんだけど
なんせ規模が違う
見えるだけで10線はあるんじゃないかな
外国でもそうはないでしょう
この跨線橋の端で熱心に撮影していたは女史は
ニコンのフィルムカメラを使っていました
しぶいねぇ
声をかけたかたかったんですが
やはり、邪魔しちゃいけませんよね
(鴬谷駅)




元気ハツラツ
5月10日(金曜日)



今回、日暮里から東京駅までしか歩いてないんだけど
ストリートスナップを撮るうえで被写体に困らいよね
さすが大都会
ちなみにこの鉄人を組み立てたのは
このお兄さんでありました
(神田)




夕焼けだんだん
5月9日(木曜日)



ちょうど今読んでいる本が
「谷中レトロカメラ店の謎日和」ってやつで
そこに出てくるのが谷中銀座
というわけで行ってみた
以外とこじんまり
帰りは日暮里から東京駅まで徘徊
いささか疲れた
もちろん鴬谷も行ったけどその話は
また後日のココロだぁ
(日暮里)




久しぶり こまち姫
5月8日(水曜日)



というわけで
やってきました 華のお江戸は東京
700系しか見れない大阪とちがって
さすが東京は
新幹線のショールーム
荷物の都合でカメラはGRのみ
明日も思った通り午前中は仕事
ストリートスナップ三昧と思っていたのに
なんてことするの
(東京駅)




電車、大好き
5月7日(火曜日)



何でもかんでも撮っているように見えるかもしれませんが
これでも配慮している被写体というのはありまして
まず
体の不自由な方
それと
ホームレス
そして
未来を託す子供たち
そうそう
オジサンも明日ここから群馬まで行くんだよ
もちろんお仕事です
カメラは何がいいかなぁ
あれ〜
(大阪駅)




アートな彼女
5月6日(月曜日)



ここまで威風堂々と闊歩されますと
もう、何も言うことがない
というか
チャーミングに見えてくるから恐ろしい
これを射ぬがずに
ストリート撮ってますとは言えんでしょう
この少し斜めから差し込む光線が好きです
影まで貫禄があります




このままでいいのか
5月5日(日曜日 こどもの日)



子供のころ、デカい鯉のぼりを
おじいさんが買ってくれました
そりゃもう見事でしたよ
なんでも、38年連続で子供の数が
減少してるとか
昔は、貧乏だったけど子供はたくさんいた
今は、みんなクルマもってマンションに住んで
スマホに高い通信料はらっても
子供はいない
既婚率も低下の一途
鯉のぼりも隅に追いやられるわけだ




Over the river
5月4日(土曜日 みどりの日)



今日は、久しぶりに孫が遊びに来たんだ
やはり血は争えなくて
爺・息子・孫
三代にわたっての鉄道好き
三つ子の魂百までって言うけど
本当に人生百年になってきた
三歳までに親孝行は終わっているらしい
なんともかんとも
可愛くてしょうがない
(旧城東貨物線)




感性なんかクソくらえ
5月3日(金曜日 憲法記念日)



ミラーにカスタムしたタンクに映りこむ阪急電車
写真を撮るうえで一番大切なのは
何を撮るかじゃなくて
何を見つけるかだよね
それが俗にいう感性ってやつかなぁ
僕はそんなもの信じないけどね




これはアートでしょう
5月2日(木曜日 国民の休日)



なんか、やっと普通のGWになったような気がするけど
昨日から仕事をしている
もう4日も休めば十分
仕事があるって、本当に素晴らしい
家族のために働いてきたと思っていたけど
そうじゃなくて
家族のおかげで仕事をさせてもらってたんだね




令和元年
5月1日水(水曜日 即位の日)



年号とは違い元号が変わるのは
また、特別な感慨があります
普段は、あまり意識していない元号ですが
日本らしくていい
道頓堀川から飛び込むヤカラがいるだろうなぁ
とは思っていましたが
やはり、いましたね
大阪人の恥さらしが
(天神橋筋商店街)