今日のぼく鉄

HOME

戸閉よし
12月31日(水曜日 大晦日)



今年もなんとか無事に終わろうとしています
もうホームには誰もいなくなりました
戸閉確認の赤いランプもすべて消えて「戸閉よし」
課題のLED方向幕も今夜はしっかりと写っています
来年も、平穏無事な一年になりますように
では、皆様お疲れ様でした  新年に向けて出発進行
(阪急宝塚線 石橋駅)




Long train runnin'
12月30日(火曜日)




今日の挿絵は決まっていたけれど、文が決まらず飲み会に行った
そこで、Long train lunnin'を見つけた

どんなに長い連結の列車にもテールランプはある
毎年30日は、40年来の友人と呑み、したたかに酔って候
何軒目かのショットバーでの、偶然居合わせた隣の青年
見ず知らぬ青年に、ずうずうしくもタバコを1本無心した
彼は、快く差し出してくれて、僕は遠慮なく吸った
うまかった ありがとう
調子に乗ってこのサイトの宣伝をする
もし、彼らが酔っ払いのほら話を真に受けて見てくれたら
この上もない幸せである
タバコのお礼に伝えることがあるならば
大切な人も、一瞬でこの列車のように通り過ぎる
このことを伝えたく思った
若い頃は、これに気づかないんだなぁ
通りすがりの縁だけど、来年もいい年でありますように
(JR東海道線 米原駅)





大掃除ではありません
12月29日(月曜日)



ロープウェイは、鉄道なのかと言われればちょっと辛いのですが
まあ、年末と言うことで硬いこと抜きにして
これは、大掃除ではなくて雪下ろし
ここにも安全運行に欠かせない人々がおられます
眼下に広がるのは津軽海峡
この下を鉄道が走っている
人間ってやはりすごいですよね
(函館山ロープウェイ 山頂駅)




仕事納め+oneの一日
12月28日(日曜日)



仕事納めは昨日だったけれど、本日は本年最後の休日出勤
と言うことは、いつもの通り出勤前撮り鉄
いい感じの朝日だったんですが、少し上がりすぎたようです
さすがの地下鉄御堂筋線も年末の日曜日は空いていますね
望遠の圧縮効果で生駒の山も近くに見えるし
偶然にも滑空している渡り鳥もとられられた
しかし、何度撮ってもこの橋は絶対夕日やね
(地下鉄 御堂筋線 榎木橋より)




有名なアングル
12月27日(土曜日)




小さな雪除のようなトンネルの向こうに見えるのは
撮り鉄なら、見ただけでどこか分かるよね
全長13.87Km  工期5年
そうです「北陸トンネル」
青函・関門を除いた僕が選ぶトンネルベスト3は
難易度部門賞:鍋立山トンネル(9117m)
情緒部門賞:清水トンネル(9702m)
特別賞:頸城トンネル(11353m)
僅差で北陸トンネルとなる
北陸新幹線が出来るとこの歴史あるトンネルも
清水トンネル同様の憂き目に合うんでしょうか
特別賞の意味は、トンネル内に筒石駅があり「はくたか」が160Km/hで駆け抜ける
ちなみに、三大モグラ駅は
土合駅(上越線)
筒石駅(北陸本線)
三ヶ島駅(ほくほく急行線)
(JR北陸本線 南今庄駅)





よーく見ると、真ん中の線路は木の枕木
12月26日(金曜日)



これは絵になると走りに走ったんですが
主題のおばあちゃんは、なれた足取りでとっくの昔に渡り終え
影も形もない
絶対にと言っている割に、ロープは外れているし
あっちはロープすらないもんね
ここは、本数も多いし貨物もぶっ飛ばしてくる
とりあえず警告はしましたので的な気合のない看板が面白い
しかし、ここの桜えび丼は、旨いねぇ
さすが、行列が出来るのも頷ける
(JR東海 由比駅)




雪は降る
12月25日(木曜日)



アダモの雪は降るは、待ち人が来ない切ない歌だけど
この「雪は降る」は、ただ雪が降っている、ただそれだけがいい
雪を見にきた旅人とそこで暮らす人との違いを表現したかった
青森にいる娘が言うのには、大阪のあれはホコリ
来る途中見た青森の雪は水分が多くてすごかった
いつものように電車を待つ女子高生
ただ前を見て待つ 余計な動きはない 
帽子もかぶっていない
ここは路面電車が分岐する停車場「十字街」
思わず
クラプトンのCROSSROADSを
口ずさむのは僕だけでしょけど
(函館市電 十字街)




Cool Japan
12月24日(水曜日)



世界広しと言えども入ってくる列車に頭を垂れる職員が
ほかの国に存在するでしょうか
彼女が礼を尽くしているのは入ってくる列車が
自分の職場だからだと思う
大き目のキャリアケースは車内販売の品が入っている
文句は言うけれど、自分の職場に頭を下げたことは一度もない
驕りの化身となってはいないか、反省させられる一枚
(JR東日本 東海道線 熱海駅)





その孤高の面構えが君らしい

12月23日(火曜日 天皇誕生日)




久しぶりに新幹線
ギラリ狙いだったんですが
少し角度が悪かったようです
このあたりが鉄道写真の難しいところでもあり
面白いところでもある
しかし、このスピードは魅力的です
ただ、今回は腹をくくって止める
300km/hの500系がこだま運用
新幹線の黒田勘兵衛かな
そういえば、軍師勘兵衛終わりましたね
(JR西日本 山陽新幹線 いつものトンネル上より)





やっぱり、鉄子だぁ
12月22日(月曜日 冬至)



こんなお宝を待ってたなんて
C11 171蒸気機関車
1940年(昭和15年)7月19日生まれ 満74歳
一度は静態保存されたけど、見事よみがえって
この季節は「SL函館クリスマスファンタジー号」を牽引
しかし、この電飾はいかがなもんでしょう
印象的な空の青ですが、実際はもっと暗かった
70Dは、この手の色はお得意のようです
彼女も、いいのが撮れたかな
(JR北海道 函館駅)





あなた、鉄子ですね
12月21日(日曜日)



分かるんですよ、オジサンには
何か来るのを待っているでしょう
オジサンはスマホどころか時刻表すら持たずに旅しているので
ダイヤのことは全く分からないんですがね
バックのスーパー白鳥は、新青森行き
ドアのところにゾーン539のイラストがあります
53.85km
普通の人にはただの暗闇なんでしょうけどね
私にとっては「ぼく鉄」の原点なんです
(JR北海道 函館駅)





一足早く新幹線
12月20日(土曜日)



新函館北斗駅ではなくて函館駅にE5系が登場
ブルトレがなくなるのは寂しいけれど
大阪から函館まで、ビール3本くらいで行けるとくれば
そりゃ、乗ってみたいよね
時代は、確実に移り変わる
出来れば、行きは寝台特急「日本海」
帰りは新幹線
これがベストなんですけどね
(JR北海道 函館駅)




「あの俺さぁ、前からずっと・・・・」
「・・・・だから、なによ」
12月19日(金曜日)



さっさと言っちまえ!男だろ!
あたって砕けろだ!
俺なんか、何度コッパ微塵に砕けたことか
早く言えって!
彼女のローファーから覗く踵が焦れている
そんな感じに見えませんか?
(JR東海 東海道本線 三島駅)




見上げてごらん夜の星を
12月18日(木曜日)



夜空に輝く満天の星
ちゃうちゅうに
夜ではなく早朝6時半 星ではなく雪
我が旅は、早朝出発は当たり前
昨晩着いたときは-11℃だったことを思えば
今朝の-6℃は、なんてぇことはない
架線がないのがなんともありがたい一枚になった
珍しくストロボ撮影ですが、ワンマンの後部車両なのでご安心を
(JR北海道 函館本線 森駅)





帰ってめぇりやした
12月17日(水曜日)



ホントにヤですねぇ、撮り鉄野郎は
毎日乗車率80%超えなら、新幹線が通るとか、
車体が老朽化したとか能書きたれずに存続なんですよ
往復割引なんかうれしいよね
まず、撮らずに乗れって!
彼女なんか両手に荷物でつき合わされている
今回は、カミさんもつき合わされているので
大きな事は言えませんが
オイラは、これから乗るもんね
ちなみに今宵の乗車率は100%
チケット取るのに苦労したんだよ
ちょっと今夜は、高揚して眠れない
つもりでしたが
福島までは覚えているんですが不覚にも気がつけば
野辺地?
次は、青森じゃん!
せっかくの「北斗星」の夜を爆睡してしまいました
(上野駅)




ちょっくら、旅に出てめぇりやす
12月13日〜16日(土曜日〜火曜日)



これは、この春定期運行廃止になった「あけぼの」
今回は、これまた来春廃止になる「北斗星」に乗って
函館へ向かいます
あれだけあったブルートレインがいよいよ姿を消す
列車に乗ることが目的の旅も存在するはず
名残を惜しんで、たんまり撮って来ますので乞うご期待!
(JR東日本 新青森駅)





懺悔してるわけではありませんが
12月12日(金曜日)




同志社前と言うたら京都府京田辺市
兵庫県三田市から直通でいけるなんて信じられな〜い
都市周辺はますます便利になり地方は過疎が進み
廃線になる
撮り鉄の皆さん
せめて乗らなくてもひと駅くらい乗車券買いませんか
といっても無人駅も多いし
難しい問題やね
(Jr福知山線 武田尾駅)





でんしゃにちゅうい
12月11日(木曜日)



ときどき登場する我家の踏切シリーズ
その番外編として「我が畑への踏切」です
三田二郎(ミタジロウではなく)は、イチゴの産地として有名
渡った先は、畑があるだけで行き止まり
収穫期には、籠を担いでこの小さな踏切を渡るんでしょうね
(神戸電鉄 二郎駅)




廃墟の空
12月10日(水曜日)



人は誰も悪い事を覚えすぎたこの世界
築き上げたユートピアは壊れ去った もろくも.
誰も見えない廃墟の空
一羽の鳩が飛んで いる
真白い鳩が
生きることの喜びを今こそ知る
人はみな
(山上路夫作詞 廃墟の鳩より)

40年間放置された駅と軌道跡
思わず
トッポの甲高い歌声が聞こえてきそう
(姫路モノレール 軌道と大将軍駅跡)




恐怖のエスカレーター
12月9日(火曜日)



ロンドン、イスタンブールに続いて三番目に古い地下鉄
電気で走る地下鉄としては一番古い
かなり長いエスカレーターで何が怖いって
そのスピード
日本の感覚で行くと足を出すタイミングが合わず
飛び乗るって感じ
前を行く知り合いの東洋人に比べて
後ろの男性は半そで
くどいようですが
ここにも改札はありませんでした
ちなみに、通訳のオバサンによると
ここはBudapestで豚の病気(豚ペスト)ではないとのこと
(ブダペシュトの地下鉄)





先頭派か最後尾派か?
12月8日(月曜日)



僕は乗り鉄の場合は、最後尾派ですね
子供の頃から、先頭車が渡る橋梁、入り行くトンネルを
見るのが好きでした
数秒後に自分もそこにたどり着く
ちょっとだけだけど、自分の未来がそこにある
そんな感覚が好きでした
セクションクリアは、JR西日本独自の標識
プラレールと違って、実際の電車の電源はひとつじゃない
複数の電源区間を通り抜けてゆく
複数の電源をまたぐのは電位差が生じ、電気的にはショートなんだよね
それより、架線の影が緋村剣心の頬の傷のように入っているのは
いただけませんなぁ
(JR福知山線 道場〜三田間)




While my tenoa sax gently weeps
12月7日(日曜日)



若かりし頃、僕もよくこの川原で練習したもんです
彼女と違ってアルトサックスでしたけど
ルパン三世のテーマを練習しておられましたが
いささか精進不足かな
僕なんか、「いつまでやってんねん!」と怒鳴られたことがあります
上の車中のお姐さんからは見えないでしょうが
なんか覗いているような雰囲気がおもしろい
昨日今日と、タイトルに有名な曲名をパクっているのお分かりかな?
(阪急電車宝塚線 猪名川橋梁下)




The train of rising sun
12月6日(土曜日)



本日は、担当の仕事ではないけれど友情出演と言うことで
6週連続の土曜日出勤
となると、お決まりの出勤前撮り鉄ですよね
阪急とJRのコラボいかがかな
車庫に止まっているのと走っている車両
やはり仕事しているほうがイキイキして見えるなぁ
(JR西日本 東海道線 岸辺駅付近)




渡りにくい踏切
12月5日(金曜日)



アタイはタマ でも駅長じゃないよ
ホントは、雨は嫌いなんだけどさ
健康のために日課のお散歩は欠かせないのさ
ここはさ、三線軌条とかいって珍しい路線なんだってさ
だから、カメラぶら下げたヘンなのがよく来るのよ
あのオジサンもさっきからアタイのこと撮ってるんだけどさ
ヘタクソなのよね
そんなに絞りあけるから、アタイがボケちゃうじゃないのさ
(箱根登山鉄道)





電車が来るちゅうの
12月4日(木曜日)



朝は早いし、寒いし、雨ふってるし、ギャラは・・・・・
私はね、別に鉄子でもなんでもないんですよ
バイト仲間の男子は、鉄オタクばっかりだし
この、制服だってカワイくないし
ねぇ、そう思わない?
いえいえ、安全運行には欠かせない存在ですよ
銭儲けに楽な仕事はございません
それより、もう少し内に入らないと
通過電車が来てますよ
(阪急宝塚線 曽根駅)




止まってしもたがな

12月3日(水曜日)



急に冷え込んだ朝
ここは、開かずで有名な踏切
今時係員がいるくらいですから
いいから、早くあけろって
我慢が限界に来ているご様子
(JR東海道線 東淀川駅)





スジだけは通しておりやす
12月2日(火曜日)



たまに出てくる何だこれはシリーズ
すべてブレているんですが車体の赤い線が
ブレていないと言うことは水平には振れているのでしょう
一番の問題は、撮る瞬間まで止めるか流すかを決めきれていない
一番ブレているのは僕自身ですね。
(JR福知山線 道場〜三田間)





アウトカーブ0角度尻尾切れ
12月1日(月曜日)



二週連続で道場にやって来ました
前回は全くの不発だったものでなんとかリベンジがしたくってね
通うとそこの撮り方というのが分かってくるみたいだね
しかし、手持ち300mmでこれが撮れるんですね
OM-1の頃は、200mm以上は三脚だったんですがね
近頃課題のLED方向幕も切れずにすんだみたいだし(1/400secでは無理と思っていた)
尻尾は切れたと言うか切ったんです
今年は長持ちした紅葉も終わりですね
今日から師走
全くそんな気分にはならないですけどね
(JR福知山線 道場駅付近)