今日のぼく鉄

鎮守の踏切
9月30日(金曜日)



めっきり秋めいてはいませんが
思えば、この夏もいろんなところに出かけました
10mmの超広角を買った初遠征
これでもかと特性を強調した一枚
暑かったあの日が懐かしい季節変り
名残の9月も千秋楽
(高山本線 下原八幡神社)




ありえない輝き
9月29日(木曜日)



やはり出てくる重慶ネタ
この站、結構好きなんです
駅はもちろん高架駅で、トンネルのすぐそば
と言えば、ほくほく大島駅を思い出すけど
こちらの高架は、もっと高い
でも、一番見てほしいのはこのピッカピカの床
中国人は、本当に光沢モノが好きですね
階段でも平気で磨きの石材を使う
日本じゃ、建築許可でないでしょうね
(重慶市営交通6号線 龍風渓站)




ヤな雨ではありますが
9月28日(水曜日)



日本昔話風に語ると
ゆんべもえっとえっと雨が降っちょったそうな
僕は、爆睡で知りませんがや
今日も帰るころになって雨脚が強くなりました
まだ18時過ぎと言うのに空は真っ暗
通過電車を車体に写しての一枚
こうしてみると阪急電車のNew1000系のボディは
ななつ星に匹敵するも劣らない平面度ですなぁ
今週末も雨?
久しぶりの撮り鉄がぁ・・・・
(阪急電車 庄内駅)




鉄壁の守り
9月27日(火曜日)



まるで捕虜収容所のようなフェンス
テロ対策を考えれば当然の備え
しかし、撮影となると邪魔なんですが
雲に注目すると、こいつがアクセントになるから
写真は、面白い
同じ風景でも、どう見るかなんですね
人間関係にも通じるなぁ
(鳥飼車両基地)




美しすぎて君がこわい
9月26日(月曜日)



新幹線が延長されるたびに消え去った寝台列車
その意味では、いささか君が憎くもあるけれど
君は、どこを走っても絵になるね
なかでもN700系
0系以来伝統の白いボディに
青いストライプ
撮り方によってまったく表情が変る
こんな車両は、他にはありませんね
ああ、新幹線にのって遠くへ行きたい
そんな秋の入り口です
(米原〜岐阜羽島)




主婦はどこも大変なんです
9月25日(日曜日)



どうも、体調がすぐれません
今頃、島本の田んぼがいいんですが
もう稲刈りおわったかなぁ
撮り鉄いけないときのために撮りためた
重慶ネタ まだまだあります

北培站もこうも通っていると、だんだん大胆に
なってきて、ついにホームまで上がり込んでしまいました
お姉さんは、いつものように買い物袋ぶら下げて
どこかの消えて行きました
いや〜、いい肩幅してますねぇ
(ありがとう 北培站)




なぜここに
9月24日(土曜日)



この警報機は、スペアでしょうか
まだ、新しそうです
どうみても小屋のほうが古い
本日、体調悪く
手抜き更新でおもさげながんす
(山陽電鉄 高砂駅近く)




無言で語るもの
9月23日(金曜日)



もう二度と回ることのない転車台
でも、きれいに掃除がされています
すぐにでも、機関車が入ってきそう
近頃忘れてしまった、凛とした雰囲気が
気に入っています
いざとなればいつでも使えるヤツ
こうありたいものです
(長良川鉄道 北濃駅)




あれ、まだ重慶ですか
9月22日(木曜日)



いいえ、忍耐の14時間の旅を終え
我が家に帰ってきました
でも、伝えたい写真もまだまだあるので
折に触れて登場します
いや〜、強烈な腰痛にも見舞われた
今回の巡業も無事終了
疲れたよ〜
(中国重慶市北培站)




さらば重慶
9月21日(水曜日)



17泊に及ぶ重慶巡業も千秋楽
車窓の彼女は、もうすぐ終点の重慶北站へ
たぶん今度こそもう来ることはないでしょう
いっぱい写真も撮れました
中国にも親切な人たちが沢山いることを
僕は、知ってますよ
さらば重慶
さらば北培站
(いつもの站)




鋳鉄光る
9月20日(火曜日)



おっ、ディスクブレーキですね
日本では、新幹線以外であったかなぁ
何せ車両への造詣が希薄なものでして
もっとバラスが写り込むかと思ったんですが
やはり旋状痕がありますね
完全な鏡面じゃ、ブレーキ効かないかもね
横のノズルは、当然砂でしょうね
箱根登山鉄道なら、水
そんなタイトなコーナーが中国に
あるとは思えません
(北培站)




真ん中にぶら下がってる
9月19日(月曜日)



日本は、3連休ですか
出稼ぎ労働者の僕は、今日もお仕事です。
それはさておき
鉄道写真のひとつのジャンルに
パーツと言うのも有りかと思うんです
この場合は、このマスターブレーキシリンダー
リンクを介して8個の車輪に制動をかけます
走行中なのでブレーキ開放のはずなんですが
ピストンロッドが伸び切っているように見える
このジャンル ちょっとコアかな
(北培站)




名づけて北培の沈下橋
9月18日(日曜日)



昨日のつづき
で、あの道をどんどん歩いていって
疲れ果てたころにやっとお目当てが見つかりました
日本でも、時刻表を持たないのに
中国の運行が分かるわけありません
待つしかないのです
でも、日本のローカル線よりはやってきます
こんな川でも増水するのか漂流物が橋に
引っ掛かっていました
よく見ると、川面に車両が写り込んでいます
歩いた甲斐がありましたが、まだまだ奥に行きましたので
それは、また後日
(龍風渓)




線路目指していざ行かん
9月17日(土曜日)



明日と振り替えで今日は休み
いささか北培站も飽きたので
初めて来たときから気になっていたポイントへ
百度地図によるとこの道をまっすぐ行くと
山の麓に火車(国鉄)の線路があるはず
えっ!これ!
だって地下鉄(高架走ってますけど)と
平行な道と言えばこれしかないんだもん
お嬢さんも歩いていることだし
大概(ターガイ)いけるでしょう
でも、暑いし遠そう
(龍風渓)




とか言いながら、夕方にまた行ってしまいました



(北培站)




きょうは重慶の空照らす
9月16日(金曜日)



まったく「鉄」ではありませんが
今宵は、この写りの悪〜い写真に感動
なにに感動しているかと言うと
こんなに澄み切った夜空を、
ご当地で見たことがない
中国に初めて来て以来、13年
随分様変わりし、豊かに生りました
でも、失ったものも多いよね
この名月は、中秋節で企業が休んでいるからなのか
やれば、出来るじゃん
(重慶 天生)




運行職人の視線
9月15日(木曜日)



機関士は、どこに行ってもカッコいい
憧れの職業です
運行表を確認しているのか
穏やかな視線が印象的
それに引き換え攻撃的なのが
こいつですわ



(言わずと知れた北培站)




ご免なすって、お先に失礼しやんす
9月14日(水曜日)



おや、2列車同時の入線
上下線使って入ってきたのかな?
また、この貨物が例によって長い
ここは、旅客は少ないけれど
貨物はバンバンやってきます
北培を出てトンネルを抜けると大きな信号所があり
それぞれの方面に分かれてゆきます
やはり広いね
(いつもの站)




Sentimental Journeyかな?
9月13日(火曜日)



以前もこの列車を見送った覚えがある
所在なげに車窓を見る女性
どこまで行くんですか
この列車は、昆明から呼和浩得へ向かいます
呼和浩得と書いてフフホトと読む
それってどこやねん
なんでも内モンゴル自治区の省都だとか
実に44時間50分の長旅
まだ半分も至っていないでしょうね
いくら鉄道の旅が好きでも44時間は



(北培駅)




南京豆日和
9月12日(月曜日)



このおじさん、何をしているかと言うと
キンキンに焼けたコンクリートの上で
南京豆を干しているところ
このところ雨続きでしたからね
でも、これ食べるのヤですよね
お天道さんは、どこでもありがたいものです
おかげで洗濯物もよく乾く






好久不見 北培站
9月11日(日曜日)



もう来ることはないと思っていた重慶も
いつもの場所で4度目の撮り鉄
走行中の列車をここまで寄って撮れる場所を
他には知りません
いつも寒いころだったんですが
今回は、この暑さ
久しぶりの晴天ではなく好天のなか
3時間は突っ立ていましたっけ
いささか飽き気味ではありますが
ここはここで好きなんです
来週は、もっと早朝に来たら
また違うのが撮れるかもね
(中国 重慶市 北培駅)




鉄の旅路
9月10日(土曜日)



鉄のレールの上を鉄の車輪が
わずかな摩擦を頼りに走ってゆく
この長蛇の鉄の塊を一両の機関車が引っ張る
いまや機関車が客車を引っ張るのは
そう簡単には拝めない
寂しいねぇ
三脚のおかげで、寝ぼけた望遠でも
くっきりした絵が撮れました
(東海道線 近江長岡〜柏原)

今日は、重慶に来て初めて太陽を見ました




限りなくモノトーン
9月9日(金曜日)



あまり予算はかかっていそうにない駅案内と
何十年も、潮風にさらされてきた木壁
よく見るとその下の三枚だけが
新しいトラスビス
よけいに、過疎を強調していると感じるのは
果たして、思い過ごしか
沖には希望の自前エネルギーが眠っている
この錆びれた港町が再び活況に沸く姿が
見てみたい

中国に来て思うのは、先の戦争を引きずっているのは
隣国ではなく日本人自身かも知れない
それを、巧みに利用されている
(餘部駅)

今日も、雨でした
(重慶にて)




スナフキンではありません
9月8日(木曜日)



同業者がやってきました
絶景で有名なこの駅の今は使われなくなった
海側のホームにはいい感じの駅名の看板があったんですが
撤去されていました
なにをすんねんJR西日本
もっと小高いところから駅ごと
丸ごと日本海を入れたかったんですが
登れそうなところはなし
名所と言うのは、意外とこなれていない場所かもね
(山陰本線 鎧駅)

ああああ〜
重慶は、今日も雨だった




写真家は早起きすべし
9月7日(水曜日)



日本の美しさは、青ばかりではありません
どうですこのドラマティックな夜明け
しょうもない迷いなんか吹き飛んでしまいます
名も知らぬ池に映る朝やけに
思わずクルマをとめて撮ってしまいました
ちなみに、鉄分はゼロですが
撮り鉄に行くため早起きしたための
写真の神様のプレゼントです
(所在不明)




百聞は一見にしかず
9月6日(火曜日)



空は青 海も青 そして信号も青
まもなくれ列車がやってきます
重慶も今日は、きれいな夕日が見えました
でもこの掛け値なしに青い空間は
知らないだろうなぁ
爆買よりも是非訪れてほしい風景です
(余部鉄橋)




隙をつかれました
9月5日(月曜日)



クルマをとめる場所を探していたら鉄路の響き
油断してましたね
新旧の珍しい取り合いが登場
構図を考える暇もなく撮った一枚
考えて狙って粘った一枚とはやはり
下手は下手なりに出来が違いますね
ただ撮りゃいいってもんじゃないんです
分かっちゃいるんですけど
(東海道下り線 大垣〜関が原)

ところで
証拠にもなく四度目の重慶に来ています
たぶん、これが最後の中国出張
気合を入れて撮りますよ
もちろん、お仕事もね




乗り鉄か撮り鉄か
9月4日(日曜日)



「ワイドビューひだ25号」が通過して行きます
なんで先頭に蛇腹があるかと言うと
岐阜駅で名古屋から来る「ひだ25号」と
併結運転するからなんだ
天下の電化区間東海道線を
ディーゼルサウンドを響かせてゆく
う〜ん、乗ってみたい!
(東海道線 近江長岡〜柏原)




何気なく思ったんだけど
9月3日(土曜日)



6時半集合で楽しく飲み会
あっちゅう間に時間は過ぎてまもなく日が変わる
今夜カミさんが留守なのでのんびり構えていますが
普段は、こうは行きません
しかし、そんな時間でも女性が一人で歩いている
Cool JAPAN
当たり前が意外と当たり前じゃないこと
よくあります
(阪急 庄内駅)




途絶えた線路が語るもの
9月2日(木曜日)



明治の昔
悲願だった余部鉄橋は完成した当初
余部の人たちには恩恵がなかった
なぜなら、駅がなかったから
この鉄橋を歩いて渡り、トンネルを四つこえて
東隣の鎧駅まで歩いたそうです
出来れば先端まで行きたかったんですが
それは無理で、フェンスから望遠で撮りました
先人の知恵と努力の跡が残されている
切断されたレールがその偉大さを教えてくれます
(余部鉄橋)




新学期の朝
9月1日(木曜日)




最近は、9月1日が一斉に新学期じゃないんですね
でも、明らかに混雑は増す
で、2本早い電車に乗ろうとしたんですが
石橋駅6番線は、地下道の向こう
駆け上がったけれどタッチの差で
行ってしまいました
一度来た地下道を戻るのは
何とも口惜しい
(阪急石橋駅)