今日のぼく鉄

Mr.Point Man
7月31日(日曜日)



帰って来てもまだまだチェンマイねたは続くのであります
なんせ、帰国日に2時間粘りましたから
前回も登場した連結マンは、ポイントマンでもあります
一番奥の待避線に入線させるのに
彼は、何度連結をつなぎ換え、ポイントを切り換えたでしょう
降りしきる雨の中、
ただ黙々と作業を進めて行く
ここにも鉄道を守る男がいました
(チェンマイ駅)




さらばチェンマイ
7月29日(土曜日)〜30日(日曜日)



ひと月近く滞在したチェンマイ
雨季にもかかわらず雨に一度もあわなかったのに
今朝は雨
これは天の恵みの雨と最後のチェンマイ駅へ
洗わなくてもいいのにと思うくらい強い雨の中
石鹸を塗りたくると、列車が動いてくれる
よく考えると、日本の洗車機だって列車のほうが
動いてるので不思議はないんだけど
なぜか微笑ましかったね
夜便で、大阪に帰ります
(チェンマイ駅)



手動の転轍機
7月28日(木曜日)



今でもこの手動転轍器を使っているのでしょうか
この34は、3番線4番線の意味ですね、きっと
やがて線路は2本になり1本になります
延々と続く直線の鉄路
ひと駅だけでも乗ってみたいけれど
帰りがいつ来るか分からない
(チェンマイ駅)




夜もいいかも
7月27日(水曜日)



何とも南国ムードが漂います
レールの歪は、思ったほどじゃない
日本でも、もっとすごいところがあります
枕木もPC枕木です
チェンマイも残すところ二日間
もう一度、行きたいなぁ
(チェンマイ駅 踏切)




光の中へ
7月26日(火曜日)



ホームが低いからこそ撮れる一枚
意外と早くに折り返して行きました
駅の撮影は、明暗が付きすぎていて
難しいですね
色とび押さえのホワイトバランスです
(チェンマイ駅)




真剣そのもの
7月25日(月曜日)



チェンマイ駅に到着した列車の機関車は切り離され
待機線を並走しいて後部車両につながれる
連結される瞬間の鉄と鉄がぶつかる音
今では聞かれなくなった鉄道の音です
噛み合ってリンクが降りれば連結完了
一旦、構内を出て一番奥の線に入庫しました
ブレーキのホースをつながなかったのには
ちょっとビックリ
機関車が停止しても客車の動くことうごくこと
あんなに前後に動くんですね
(チェンマイ駅)




ちぇんまい〜 チェンマイ〜
7月24日(日曜日)



な〜がらくのご乗車 お疲れ様です
といったアナウンスはなかったですが
無事にチェンマイ到着です
この編成からするとそう遠距離は
走っていないようですが
たくさんの人々 いろんな人種が降りてくる
白人系も多いですね
そしてあのうるさい人たちも
(チェンマイ駅)

おまけ


例によって前回と同じくミスコース
今回は、発着を撮りたかったので
途中からトゥクトゥクを利用
ところが思いっきりボラレました
どこにも悪いやつと言うものはいるものですが
一日中憤慨が収まらない




暑い大阪に思いをはせて
7月23日(土曜日)



昨年は、水不足だったらしいらしいけれど
今年のチェンマイは、雨が多く過ごしやすいとか
今日の天気を見ても、大阪のほうが暑い
そうそう、大阪は天神祭りやね
一番暑い季節に
寒いくらいの部屋で布団かぶって寝ている僕は
なんて幸せ者なのでしょう
(チェンマイ駅)




貴重なローアングル
7月22日(金曜日)



日本の車両と比べれば何ともガランと
している車両下部
でもれっきとしたエアサスでした
このアングルで撮れるのは日本じゃ
路面電車くらいかな
明暗差が大きすぎて完全に
プラットホームが白飛びしてますが
(チェンマイ駅)




出番を待つ
7月21日(木曜日)



どこの国でも、機関車は力強くて格好いい
前面に取り付けられた強靭なガードは
スノーガードとは違って、完全なブッシュガード
獣除けでしょうね
エンジンの音が聞きたい
(チェンマイ駅)




「鉄」が撮れなくて
7月20日(水曜日)



今から、チェンマイに飛びます
ところが、乗ったのはいいけれど
なかなか飛んでくれません
結局、40分遅れで離陸
さんざん悩んだ挙句、レンズは18−135mmズーム
1本にしました
バンコクの空港で面白いカメラ見ましたよ
CanonEOS750D
Nikonには750Dというモデルがありますが
そんなの見たことない
(バンコク空港)




いつもと違ういつもの踏切
7月19日(火曜日)



いつもは近くに見える新大阪が
はるか遠くに見えるのは
広角レンズの威力
明日からタイのお仕事第2弾
次は気合いれてデジイチを持参予定
目下の悩みはレンズを2本にするか
1本で済ませるか
相棒も、35mm短焦点を新調したみたいだし
う〜ん、悩む
(東淀川駅)




見慣れた風景も
7月18日(月曜日 海の日)



暑くならないうちにいつもの踏切へ
新しい広角レンズをつけてやってきました
どうしても下からのアングルが
増えそうです
(いつもの踏切)




スポットライトを浴びて
7月17日(日曜日)



どうして真ん中だけに光だあたっているかと言うと
ぼくの後ろに高いマンションが二つ建っていて
その間からだけ、光が差し込んでいる
ほんの数分だけの光のプレゼント
(新大阪〜大阪)




鬼が笑ってる
7月16日(土曜日)



さすが微笑みの国 タイランド
鬼まで嬉しそうに笑っています
夕方まで仕事をして夜の便での帰国
せめて、シャワーくらいしたいんですが
(チェンマイ駅)



今回もお宿は
IMPERIAL MAE PING HOTEL
あの、テレサテンさんがこよなく愛し
人生を終えたところ
古いけど、落ち着きのあるいいホテルです




像も大喜び
7月15日(金曜日)



頬笑みの国ですが
前回3年前に訪れたときより
なんか愛想がないような気がします
特に、若い人
いい伝統は、廃れやすい
大切に残してほしいですね
日本も同じです
(チェンマイ駅)



いや〜、懐かしい
大村昆さんじゃないですか
これで、由美かおるさんがいたら最高




その答えは
7月14日(木曜日)



タイの鉄道の軌道間は、メーターゲージと呼ばれる
1000mmぽっきし
JRの在来線が、イチコロロクナナと呼ばれる
1067mmですからそれよりも67mm短い
ぼくの脚でも跨げます
(チェンマイ駅)




どこか違うでしょ
7月13日(水曜日)



昨日に続いての女子鉄の彼女
カメラの構えが、なかなか決まっています
日本と違って低いプラットホーム
もうひとつ、違う点があるんですが
お分かりかな?
答えは、また明日
(チェンマイ駅)



ちょっと面白かったのでパチリ



いた!女子鉄
7月12日(火曜日)



やはりいました女子鉄
なかなかいいカメラをお持ちです
幸い、もう一度来る機会がありますので
今度は、デジイチをもってこようっと
もちろん、お仕事もバッチリやりますよ
(チェンマイ駅)




不思議な写真
7月11日(月曜日)



チェンマイからバンコクまではおよそ750km
普通列車なら15時間かかります
エアコンも、特急だけ
食堂車でトドのように寝ているオバサン
それにしても窓から立ち上る光はなんだ?
撮ったときは、こうじゃなかったんだけど
(チェンナイ駅)




チェンマイ駅
7月10日(日曜日)



大ミスコースと途中で飲んだアイスカフェラテの氷に当たって
便意をもよおしながらたどり着いたチェンマイ駅
タイ国有鉄道最北の駅です
何ともオリエンタルな雰囲気がいいですね
(チェンマイ駅)




昨晩は、久しぶりに出張先で飲みに行きました
指名した娘がまたぼく好みの
長身でスレンダー
一部では、デブ専と言う誤解を受けているようですが




8両編成と言えば
7月9日(土曜日)



鹿児島中央駅までいく「さくら」
新大阪から3時間45分
一度乗ったけれど快適ですね
缶ビール3本飲んだころに到着です
(加古川橋梁)




ぐっと、圧縮して
7月8日(金曜日)



珍しく、三脚を使って撮っています
開け気味だと眠たいレンズですが
F8まで絞れば、それなりに使えそうです
のんびり走る山陽電鉄がお気に入り
(山陽電鉄 加古川橋梁)




アサガオと錆びたレール
7月7日(木曜日)



地べたを這うアサガオ はじめてみました
蔦のように這い登っていくものと
ばかり思っていました
それと、そうとう古いレール
下に降りれれば、もっと寄って撮れたんですが
(JR和田岬線 和田岬駅)




いつまでみてんのさ
7月6日(水曜日)



顔が意外と似ていませんこと




あれ〜
7月5日(火曜日)



今日から、3年ぶりにチェンマイに行きます
タイ国際航空所有の中で一番大きい
エアバスA380−800
2階建てで、540人も乗れます
それはいいけど「鉄」じゃなかたね
ジュラルミンです
(関西空港)




閉まらずの踏切
7月4日(月曜日)


鉄道の要素も数あれど、ぼくは踏切が好きですね
港に近いからか二つ折れの遮断機が
カモメの翼のように見えるのはぼくだけ?
いつもの踏み切りは、開かずの踏切で有名だけど
ここは、閉まらずの踏切
夕方まで閉まりません
(JR和田岬線)




意外とおとなしいレンズ
7月3日(日曜日)



夏の定番アングル
違いは、新調した超広角レンズ
思いの他、歪曲しない
あの歪曲、個人的には好きなんですけど
(大阪モノレール)




夜明け前
7月2日(土曜日)


本当は、まだ真っ暗
明るい新大阪駅とは対照的に
駅舎には、まだ灯りも灯っていません
この時期の、この時間帯
いいですね
(東淀川駅)




駅舎の風鈴
7月1日(金曜日)



何とも涼しげな音が聞こえてきそうでしょ
暑い夏がそこまでやってきています
暑さが嫌いな僕には、辛い季節ですけどね
おかげさまで
拙い「ぼく鉄」も三度目の夏を迎えます
いつも見てくださってありがとうございます
写真も文も、あまり進歩しませんが
この風鈴のように風に吹かれながら
静かに続けて行きたいと思っています
これからもよろしくお願いします
(北条線 法華口駅)