今日の「ぼく鉄」

夏草に埋もれても
6月30日(木曜日)



架線のない空と、錆びたレール
誰もいないホームと夏草
超広角レンズの特徴が出た
カットになったんじゃないかと思います
周りには新しい家も建っていますが
ローカルな雰囲気がお気に入り
平和ですね
生まれて初めて、期日前投票に行きました
平和のために考える
そんなことを改めて考えています
(北条線 田原駅)




ゆけ 鉄人28号 
6月29日(水曜日)



僕たちが窮地に陥ったとき
飛んできて助けてくれた鉄人28号
いまこそ、正義の雄たけびをあげてほしい
そんなことを考えさせられた今日の出来事
なんで、マスコミは取り上げないんでしょうね
(JR 新長田駅前公園)




超広角の世界
6月28日(火曜日)

この写真と


この写真



随分印象が違います
上が10mm(16mm) 下が18ミリ(28.9mm)
早い話が超広角を買ったよと言うこと
逆光気味で、周辺に光量落ちが出ていますが
いや〜、面白いレンズです
再び訪れた加古川橋梁
レンズとともに
とうぶんはまりそうです
(山陽新幹線 加古川橋梁)




もう電車は見えないけれど
6月27日(月曜日)



いつものように、ずっと手をふる北垣駅長
今日はいつにもましての賑わい
「久しぶりにお天気がいいので」とのこと
それにしてもカメラじじいの多いこと
この間合いからして駅長目当ては歴然
ヤですねぇ、こういうの
僕の後から撮るとじじいが一人増えるだけなんでしょうけど
それより問題なのは、ほとんどが車で来る
僕もかなり来ているけれど乗ったのは1回だけ
いけませんねぇ
鉄道は、乗ってなんぼです
(北条線 法華口駅)




工業地帯の秘境駅
6月26日(日曜日)



前々から、来てみたかったこの駅
改札も、券売機も、駅員さんもいません
なんと言ってすごいのがこの時刻表



休日は、朝夕の2本のみ
運よく、その貴重な電車がやってきてくれました
三菱重工神戸造船所の専用線みたいなもので
平日には、約1万人の乗降客があるとか
むか〜し、超伝導船「ヤマト」の視察に来たことがありますが
あの船、その後どうなったんでしょうね
(注釈:船体は神戸海洋博物館に展示されています)
(JR和田岬線 和田岬駅)




雨 雨 ふれ降れ もうっと降れ
6月25日(土曜日)



イメージとしては、カラフルな傘の流れと
103系のオレンジを絡めたかったんですが
こういうときに限って雨脚が弱い
この鬱陶しい梅雨が過ぎると
大嫌いな夏がやってくる
今年の夏は、もっと暑いところに
行かないといけない
とか言いながら、今年も残すところ半年です
(大阪駅)




ある高校の看板
6月24日(金曜日)



このところ通勤時に持ち歩いているSTYLUS1sの
ピクチャーモードはモノクロにしています
光を読む練習には、モノクロがいいような気がして
光と影と言う、単純な要素しかないですからね
そういいながら、陰の出ない平面の看板が
主題になっていますけど
大阪では、甲子園の常連佼
曽根駅の作品が多いのは、僕の乗ってい普通が
ここで急行に抜かれるからです
(阪急電車 曽根駅)




お父ちゃん、待ってぇな
6月23日(木曜日)



この堤にやって来たのは35年ぶりくらい
実は、若気の至りであまりいい思い出の
場所ではありません
よくあんな無茶をやったものと
今思い出しても汗が出ます
年月は流れ、辺りも変わりましたね
若い親子が上ってきます
置き去りにされた坊主がふてくされている
(淀川 左岸)




いかん 眩暈が
6月22日(水曜日)



久々の「なんだ!これは?」シリーズ
本日、私用のため有給休暇
自営を経験した者にしか分からない
この有り難味
休んでいて給料もらえるんですよ
午後、時間が出来たので
梅田に行って、はじめてCanonのショールームへ
1Dxに触れてみたけれど、重いですねあれは
僕には無用の長物のようです
もちろん、買えませんけどね
そして、久しぶりに献血へ
400cc抜いたので、手振れしてしまいました
なんてのは、言い訳
それにしても上手いことぶれてますね
まるで、二回シャッター切ったみたいでしょ
もう一度やってみろと言われても無理ですね
いちびって、ロゴもぶらしてみたのはやりすぎ?
(阪急 梅田駅)




迷いがカメラに伝わって
6月21日(火曜日 夏至)



意外とAFサーボというのは
こういったタイトな場所は苦手みたい
とっさのところで間違ったようです
ここ一番は、やはり置ピンかなぁ
不法侵入ではなくこんなのが撮れる
嬉しいんですが、テロ対策から見ると
ちょっと心配な気もする
(上淀川橋梁)




青と緑の中で
6月20日(月曜日)



大きなソテツに、青い空
やっぱ南国はいいですねぇ
なんてのは、大嘘であります
二分もすれば大阪駅
電車が切れ切れなのは残念ですが
淀川を渡ったところで見つけた
小さな南国情緒
(大阪〜新大阪間)




AM4:30 本線異常なし
6月19日(日曜日)



予感どおり、3時45分に目覚める
こうなると行くしかないのがいつもの踏切
またしても、サンライズ撮影は失敗
今週が大阪地方では一番夜明けが早く4時44分
でも今朝は、予報より早く既に雨が降り出しました
定刻どおり通過する列車
そして
誰もいない踏切でも普段どおり行う安全確認
誰も見ていなくても自分の職務は全うする
見ている人は、見ています
どこぞの守銭奴知事に見せてやりたい光景です
(早朝のいつもの踏切)



夏が来た
6月18日(土曜日)



朝から気温がグングンうなぎのぼり
ちょっと、今朝は出遅れてしまいました
前方の低いトンネル
中は、石とレンガを積んであり
奥のとは年代が違います
明らかに戦前のもの?
いや〜、もっと昔のものでしょう
たぶん明治時代



それに、トンネルの向こうとこちらでは
高低差がありますよね 
ちかごろ、ブラタモリの影響で段差にも
注目しています
大阪駅からちょっとのところにひっそりと
でも現役で残っています
(JR東海道線 大阪〜新大阪)




美脚すっきり
6月17日(金曜日)



この加古川橋梁の、何が素晴らしいかと言うと
触れるのはもちろんのこと、列車の車輪部分まで
バッチシ見ることが出来ること
普通は、騒音対策でしょうか
壁がせりあがっていますよね
ここなら2m位の脚立を持ち込めば
もっと、迫力が出るかもしんない
(加古川橋梁)





新旧入れ替え
6月16日(木曜日)



梅雨の花といえば紫陽花
アジサイが有名な路線といえば箱根登山鉄道
ちょっとお古いネタで恐縮です
80‰の急坂をスイッチバックで上って行きます
この電車のもうひとつの特徴は
運転席が中央にありますよね
そこをはさんで、女子鉄のお二人
熱心に撮影されていました
ちなみに我が70Dの撮影モードは、絞り優先モード
決して、盗鉄モードではありませんので念の為
(箱根登山鉄道)




戸閉よし
6月15日(水曜日)



もう、万華鏡のような写りこみ
若〜いころ、来たときにはこんな大きな
街じゃなかったんですが、変わりましたね
ひっきりなしに電車がやってきます
大和西大寺 恐るべし
(近鉄 大和西大寺駅)




鉄仮面登場
6月14日(火曜日)



JR環状線大正駅の両隣には
二つのダブルワーレンストラス橋があります
トラス橋といえば両端に角度を持った
台形を思い起こしますがこちらは長方形なのが特徴
橋が、ギラっていたのでここは昨日の103系ではなく
ギラリを期待して225系を待つ
この輝きながらも無表情の顔を見ると
子供のころ読んだ江戸川乱歩を思い出す
そうだよね 明智君




君は元気で走っているか
6月13日(月曜日)



鉄道車両には、あまり頓着がない僕ですが
クハ103系は、知っています
なんてたって、大阪環状線の顔
もう東日本では、見られないとか
2018年には、環状線からも姿を消すんだって
国鉄世代は、寂しさを感じずにはいられない
他人事のような気がしなくて
(大阪環状線)




鼓動が伝わってくる
6月12日(日曜日)



自然が作り出した美というのは
もちろん素晴らしいんだけれど
僕は、自然に挑んで作り出した人工的な
造詣の美しさのほうに惹かれる
そこで、現地に行ったら可能な限り触ってみる
法隆寺の1300年の柱も、奥只見ダムに通じる隧道の
岩肌も、そして加古川にかかる山陽新幹線のPC桁も
新幹線の構造物に触れるポイントは
そうはないのではないでしょうか
(山陽新幹線 加古川橋梁)




遅れてしもたがな
6月11日(土曜日)



土曜日にいつもの踏切
いわずと知れた休日出勤です
わずかな隙を狙ってチャリのオバサンが
やってきました
時間はかかるけど歩道橋よりいいよね
(いつもの踏切)




はよ、乗ってごせぇ
6月10日(金曜日)



おや、運よく「スーパーはくと」が入線している
一度は、乗ってみたいひとつが
智頭急行のHOT7000系
京都から鳥取へと向かいます
もうすぐ発車 女性車掌が安全確認しています
集客のアイディアとして、その地方の方言で
車内アナウンスをしたら楽しいだろうなぁ
必要なのは、停車駅と到着時刻くらいだから
日本人なら、分かるんじゃなかんべ
(大阪駅)



駅を通って
6月9日(木曜日)



夏が近いですね
駅の中の踏み切りは、生活道
仲良し3人組
これからどこに遊びに行くのかな?
(近江電鉄 水口駅)




不思議の窓
6月8日(水曜日)



旅に出たいですね
願わくば、ちょっと奮発して新幹線で
行くとすれば九州
九州は個性的な列車の宝庫
オレンジ鉄道もいいし、「或る列車」もいいね
一足飛びに行くのも悪くないけれど、違う型式の車両を乗り継ぐのも
これまた、惹かれます
見れば見るほど、この写真
不思議です
(姫路駅にて)




男子の特権?
6月7日(火曜日)



撮り鉄の最大の敵
それは、尿意であることは以前にも
申し上げたのですが
年齢のせいか、切れも悪うございまして
そんなことより
いいタイミングで列車が来たでしょ
少年がここに立ったときから待ち構えていました
さて、小用の間に列車は来るか
写真は、構図ありき
狙いを追いかけず、来るまで待つ
いや〜、写真は辛抱を教えてくれます
(加古川橋梁)




やっぱ好きやねん 阪急
6月6日(月曜日)



今週は、暇週間と踏んでいたのに
初日から残業
でも、運よく手塚トレインが入線したので
ちょっと得した気分
結構長い間走っているのに
サファイア王子の顔には汚れひとつありません
ラッピングって触ってみると意外と分厚い
空気もかまずにうまく貼れるもんですな
はがすのも大変そうですが
(阪急宝塚線 曽根駅)




花の香りが苦しくて
6月5日(日曜日)



珍しく、四日間続けての撮り下ろし作品
大阪空港前の駐車場では季節の花が
目を楽しませてくれます
今回は、地元大阪府立園芸高校の皆さんが
丹精こめて作ったユリが満開
ここまで寄ると、甘い香りが伝わってきます
もう少し低い位置から狙って軌道を
隠したかったんですが、道路の上に腹ばいになったら
絶対に通報されること請け合いです
(大阪国際空港)




Over the Fence
6月4日(土曜日)



本日も空ですがこちらは曇天
思えば3週連続で通いつめています
新幹線基地だけあって
厳重な警戒
一番右端の線路だけがフェンスが一重で
望遠で抜くことが出来ます
洗車用の2段の脚立に乗って撮っていたら
注意されました
マナーは守っているつもりなんですが
大阪にありながら管轄はJR東海
(鳥飼新幹線基地)


空 七変化
6月3日(金曜日)



きのうに続いて空がメインの一枚
こちらは夕方の空
茜色は、あえて入れていませんが
夕方の雰囲気が伝わっていますか?
次の電車を待つ間に
空は表情を、ガラッと変えます
結構人工物がはいっていますが
まだまだ圧倒的な空が勝っています
(阪急電車 石橋〜池田)




空よ
6月2日(木曜日)



「空よ 水色の空よ
雲の上に 夢をのせて」
そんな懐かしい歌が思わず口をつく
そんな季節はずれの青空の朝でした
通勤途中ではありましたが
ちょと本気で撮ってみました
正直、今日は仕事なんかしている場合じゃない
と思いましたね
(神崎川橋梁)




はたして幸せなのか
6月1日(水曜日)



1954年製の直流電気機関車
東海道線・高崎線・阪和線・紀勢線で貨物を牽引
1983年に廃車
意外と短命だったようです
どうみても国鉄の佇まい
いまは静かに朽ちてゆく
機関車にも運命があるようです
(新幹線公園)