今日の「ぼく鉄」

もう陽が傾きました
10月31日(土曜日)



こうやって観ますと
どこの駅と言う感じですが
40年も毎朝通っている馴染み駅
AFは気が利きませんね
信号機じゃなくて赤い女性でしょうが
使い方の問題ですけどね
(阪急宝塚線 石橋駅)




ホームの中のもみじ
10月30日(金曜日)



広島と言えばもみじ饅頭
ならば
箕面は、もみじのてんぷら
毎年、飾っていましたかねぇ
カメラアイで眺めますと
色々なものが見えてきて面白い
(阪急箕面線 石橋駅)




よく曲がるもんだ
10月29日(木曜日)



有名なサントリーカーブ
巨大なマンションがなんとも邪魔なんですが
風景としては、これはこれでいいのかも
一度みて見たかったロングレール輸送貨物チキ7000
長いレールがグニャグニャ曲がりながら運ばれます
残念ながら、レールは積んでいませんでしたけど
(東海道線 島本〜長岡京)




何かを語りかけてくるようで
10月28日(水曜日)



改札口の脇にあるこの一組の人形
見てのとおり決して若いカップルじゃない
どうしてこの駅にあるのかなぁ
ここは、始発駅
いつまでも最初の気持ちを忘れないようにと
戒めているように思えます
(鹿児島本線 門司港駅)




光を読み間違えた
10月27日(火曜日)



亀岡という町は、霧の町
昔は、こんな高層のマンションは
ありませんでした
381系が朝霧の中を、突き進んできます
いかんせん、逆光で顔に影がかかっているのが
残念ですなぁ
(JR山陰本線 馬堀〜亀岡)




趣味:鉄道写真と立ち話
10月26日(月曜日)



特急まいづるが通過して行きます
舞鶴線を走りますがKTR8000は
京都丹後鉄道の車両
それはさておき、このおじさん
吸っているのは、僕のタバコ
変わりにライターをくれました
家内をはじめ今の周りの者は、誰も信じませんが
昔は、それはそれは無口でシャイだったんです
でも今は、誰とでもしゃべる
歳をとるのも悪くないかも
(舞鶴線 安栖里駅)




鉄橋を渡ると 君の家が見える
10月25日(日曜日)



コンクリート橋と違って鉄橋には味がある
とくにプレートガーター橋は車輪までしっかり見えるのがいいね
そしてあのガタンゴトンという響き
くろまつは観光列車なので日本海の景色を見ながら
ゆっくりと渡ってゆきます
(京丹後鉄道 由良川橋梁)



炎のように
10月24日(土曜日)



久々の「なんだこれはシリーズ」
動輪が炎のごとく回転しているように
見えませんか?
もう一度撮ってみろ
と言われてもできませんが
(トロッコ嵯峨)




目指すは、観光立国
10月23日(金曜日)



今年は、海外から日本を訪れる人が
2000万人を超えるとか
人口の6分の1に、すごいね
落とすお金が2兆円
ちなみに計算すると一人当たり10万円
その大半が中国人
彼らも、そうであるように
どこが、抗日なんでしょう
日本の素晴らしさを充分にみてくださいね
ところで
中国にも撮り鉄っているんでしょうか?
中国じゃ、見たことないんですけど
(京都 嵯峨野観光線)




疲れたぜよ
10月22日(木曜日)



無錫のホテルを8時半に出て
蛍池に着いたのが午後7時
時差を入れて11時間半の行程
上海からの飛行機に乗っているのは
2時間弱なんですがね
電車は行ってしまうし
さあ、あとひと駅
がんばりますかぁ
(阪急宝塚線 蛍池駅)




さらば 無錫よ
10月21日(水曜日)



中国では、クルマは右側通行ですが
鉄道は、左側通行
フェンスの網目を掻い潜っての一枚
見渡す限りの平地
今回もまた、逃げるようにではありますが
予定通り、明日帰国となります
(無錫市)




鉄の轍
10月20日(火曜日)



新幹線のすぐ裏側を在来線が走る
集中動力ファンとしては、まさに心躍るポイントだけど
残念ながら俯瞰撮影しかできない
貨物にしても以外なくらい静かに通り過ぎる
すこし「親方日の丸」だったころの日本の
鉄道がなつかしい
(無錫市)




無錫 たそがれ2
10月19日(月曜日)



結構頻繁に列車がやってくる
左は上海、右に行けば南京からさらには北京まで
走行距離1433km
日本で言えば、東京〜鹿児島中央間が1464kmだから
まあ、そんな感じ
2度ほど乗ったけれど走行感は日本と変わらない
ただ、2度目は座席が壊れて前かがみだったのが辛かったけどね
値段は、ひと駅間が15元(約300円)くらい
乗車時に、手荷物検査があります
(無錫市新区 天山路)




君は、どこへ行くのか
10月18日(日曜日)



無錫での日曜日は、これが最後なので
朝から撮り鉄
行きつけの日本料理屋の大将に
「スパイ行為で捕まらないように」と言われて
いささかビビリ気味
新幹線軌道の向こうを長〜い客車がゆく
日本では、もう見れない風景
まさに
Long train runnin'
(無錫市 南無錫駅付近)




場内安全よし
10月17日(土曜日)



写真は、まさに瞬間芸
二度と同じ、カットは撮れない
だからこそ、狙いをつけて粘ってみる
このときも入場券の有効時間2時間
精一杯、粘ってみた
人を絡めたときは、そのしぐさが大きなポイント
思いもかけないポーズが撮れた
半袖が少し懐かしい、今日この頃
(新神戸駅)




人が通ってこそトンネル
10月16日(金曜日)



100mに満たないトンネルが続く
かつてと言うほど昔ではないころ
ここを、鉄道が走っていた
床上げしたため、高さは低くなってはいるけれど
これはまさしく鉄道トンネル
もう気動車が走ることは二度とないでしょうね
(旧気仙沼線)




鋼のかみそりとなめし皮
10月15日(木曜日)



ここでEF65がくれば間違いなく
昭和にタイムスリップ
今ではみなくなったタイプの散髪屋さんのクルクル回るあれ
サインポールって言うんだって
いささか店頭で、不信がられましたが
最高のスマイルでかわしての一枚
最近は、散髪屋さんでも安全剃刀ですよね
研ぎたてのちょっと痛いような肌触りが懐かしい
(JR東海道線 島本〜山崎)




Happy Trainは いつも誰かの想いを
10月14日(水曜日)



かわいい電車が、きつい上り坂を登ってきたよ
ワンマンだから車掌さんはいないけれど
かわいい見張り番が乗っている
電車って、長距離でも近郊でも
みんなの想いをのせて走っているんだね
(神戸電鉄)




悩んでいる間に列車が
10月13日(火曜日)



ど真ん中の日の丸構図ではありますが
この場合、これ以上思いつかない
構図のセオリーかバランスか
縦位置では、印象的な空が狭くなるし
結論としては、鉄橋に入ったところが
ベストだったかもしれない
でも、気に入っている一枚です
(JR大湊線)




こう見えて純度の高いAuです
10月12日(月曜日)



このショットを見ただけでポットスチルとわかる方は
かなりのウィスキー通かな
もともとはバーボン派だったんですが
マッサンの伝記を読んでからスコッチというか
ジャパニーズウィスキー党
このポットスチルには申し訳ないんですが
僕は、山崎派より余市派ですね
今宵も異国の地 無錫で無名の酒を舐めながらの
ぼく鉄 出発進行です
(JR東海 山崎〜島本)




無錫 たそがれ
10月11日(日曜日)



中国にしては珍しく夕日がきれかったので
新幹線を絡めての一枚
長年愛用してきたLUMIXもいよいよ限界かなぁ
出張用の軽めの一眼がほしいところ
それにしてもいつまで高層マンション建て続ける
つもりなんでしょうか
(中国 無錫市新区)




時間がゆっくり流れる駅
10月10日(土曜日)



ゆるてつ先生が、
カタツムリを執拗に撮っていた
改札口がおくに見えます
それが撮れただけでも800km走ってきた
甲斐があったと言われるのは、さすが先生
それに比べたらまだまだ
着眼点が甘いなぁ
(JR因美線 知和駅)




10月9日(金曜日)
設計者の遊び心がみえる



「目の前のモノをそのまま撮るだけが写真じゃない」
とは、ゆる鉄先生の教え
なるほど、そういった観点で撮れば幅がぐっと広がる
この場合は、好みの分かれるところですが
僕は、こんな無機質な幾何学模様が好きです
まったく無駄のないトラス橋の光と影
「北上川橋梁」




うしろの高架橋がちょっと
10月8日(木曜日)



向こうには嵐電の終着駅が見えますが
そんなにいい撮影ポイントとは思わない
でも中国の方にも、この味わいある京都の小さな鉄道の
魅力は伝わるようですですね
もちろん主題は、この日傘ですねので念のため
(嵯峨嵐山駅)




浮かび上がった、桃太郎
10月7日(水曜日)



鉄道写真の被写体は数あれど
僕の中では、機関車は横綱クラス
旅客と違い、貨物の運行は孤高の趣があります
あの長い貨物を空転に気を使いながら引張って行く
頑張るだけなら割と容易い
空回りしないと言うのが、意外と難しい
桃太郎は、男だねぇ
(JR東海道 大山崎付近)




運よく2両来た
10月6日(火曜日)



本日は、中国の新幹線
どう見ても、パクリなんですが
それはまあ、おいといて
その走行音がまるで違います
なんかガラガラと銅鑼を鳴らしながら
やってくる感じ
ただし強敵には違いないね
(中国新幹線 蘇州〜無錫)




この造形美、真似できるかな
10月5日(月曜日)



ただいま中国は、無錫にわらじを預けておりやす
インドネシアで中国に対して失注した新幹線
個人的には、やれやれ良かったぁと言う思い
我が新幹線は、安売りしてまで買っていただく必要なし
やるだけやったんですからここはひとつ
高みの見物といきましょうや
(JR山陽新幹線 新神戸駅)




今年のお勤めは、間もなく終わります
10月4日(日曜日)



もう少し、下から仰ぎ見たかったんですが
前に水路があったのと
僕はあまりバリアングルのモニターでの
撮影が好きじゃないんですよ
やはり、ファインダーをのぞきたいよね
ゆる鉄先生が、よく寝転がって撮っているのが
よくわかります
(JR島本駅)




僕の本意ではないのですが
10月3日(土曜日)



一部の読者の熱い希望で
Canonのセレクトを盗鉄モードにしての一枚
ちょっと大胆になったのも、彼女が中国の方で
まず訴えられることはないだろうと
ブルーのミラーがお似合いでした
そういえば、5日から久々に中国出張
今回は、無錫
出張中のネタ撮りの為
久しぶりに嵐山へ
人気の観光地だけど中国人の多いこと
国は抗日をアピールしても
みんなは日本が好きみたい
(嵐電 嵯峨嵐山駅)

おまけ

僕はこう見えてもソフトクリームが大好き
で、これはなにソフトでしょうか?
答えは、ほうじ茶ソフト
これがなかなかいけます
でも、食べる前に撮らないと




気づくかなぁ
10月2日(金曜日)



ゴゴゴ〜 風がないている ゴゴゴ〜
なんて生易しい風じゃないんでしょね
ここは
なびくと言うよりもざわめくといったほうが
似合いそうなすすきの群れ
よく見るとミラーの上になにやらシールが貼ってある



半径3000m?
本当かなぁ だって普通見えないでしょ
この大きさじゃ
(JR大湊線 有戸駅)




秋が来た
10月1日(木曜日)



ダッダ ディダバ シュビダバ
タラーラッリッリラァ〜
なんの呪文かと思われるかもしれませんが
小林亜星作曲の「人間みな兄弟〜夜が来る」
ご存知のサントリーのテーマ
この駅の列車の到着メロディはこの曲
粋な駅舎の西口は、見てのとおりの田んぼ
今年もいいお米ができますように
(JR 島本駅)