今日の「ぼく鉄」

人の振り見て
9月30日(水曜日)



平日とはいえ、さすが有名スポットだけあって
お立ち台には先客が
でも、あんまり感心しねぇなぁ
大して広くもない道路に路駐して
でかい三脚広げて脚立に乗って
はっきり言って
通りすぎるクルマの邪魔になっていました
次のポイントでも会ったけれど
JRの金網に自慢の三脚突き刺して
路地をクルマでバックで入ってきたところをみると
かなりの手馴れと拝見するが
降りている遮断機は、潜るはのやりたい放題
マナーは、サイテーやったね
もっと気に入らないのが
こういった手合いに限って白タマの長いのを
ぶら下げている
ヤだねぇ 金に物言わせる奴は(ひがみかなぁ)
(JR東海道線 島本〜山崎)




Stranger in the night
9月29日(火曜日)


なんか、場末の酒場の雰囲気ですが
本当はもっとにぎやかな通り
某TVCMでも登場した踏み切り
朝夕は、ひっきりなしに電車が通る
夜の露出が、新たな課題です
(阪急電車 服部天神駅踏切)




Fry me to the moon
9月28日(月曜日)



今宵のスーパームーンでこんないかした歌を思い出した
数あるカバーの中でも僕は、シナトラのバージョンがお気に入り
こんな壮大な、ラブソングはちょっとないよね

In other words,hold my hand
In other words,baby kiss me

ところでこの一枚
1時間粘って、ようやくこれが撮れた
もう少し流したいけれど、月の模様が飛んでしまう
手持ちの割には、敢闘賞ものでしょ?
(阪急電車宝塚線 石橋〜池田)




一番、男同士の年頃
9月27日(日曜日)



鉄道写真というよりも
限りなく風景写真に近い一枚
ここは、眺めがいい割りに光がイマイチのスポット
二度目のチャレンジですが今回もモノにできず
仲良く腰をおろして写真を撮る親子連れが
せめてもの救いでした
息子は、これぐらいが一番親子らかった気がします
(五月山 日の丸展望台より)

おまけ

今宵は中秋の名月
日の丸構図ならぬお月見構図?
月って年間3.5cmの割合で地球から
遠ざかっているんだって
月のおかげで地球の地軸が23度ほど傾き
四季ができてるなんて知らなかったなぁ




思い切り寄ってみろ!
9月26日(土曜日)



珍しく、前ボケを大きく入れての一枚
架線にとまった鳩
これは、ご愛嬌
阪急電車のカラーは、何色にも
合いますね
思いっきり寄るって意外と難しい
(阪急電車 池田〜川西能勢口)




日本最古の防雪林
9月25日(金曜日)



昨年、苦労してとった「北斗星」で飲みすぎて
早々に爆睡してしまい目が覚めたのがここ
次は、「青森ぃ あおもりぃ」
そしてカシオペアまでが来春姿を消す
青い森鉄道に試練の春が来る
もう少し、地方鉄道に手厚くできない
ものでしょうかねぇ
(青い森鉄道 野辺地駅)




まなざしの向こうに
9月24日(木曜日)



Canonのモードセレクトを盗鉄モードにしての一枚
写真の目的が、誰かに何かを伝えるものとするならば
この場合は、彼女の涼しげな凛としたまなざし
駅を、そして鉄道をより美しくしてくださいます
(JR篠ノ井線 松本駅)




連休最終日
9月23日(水曜日)



本日も休日出勤
社屋からの一枚ですが、スレートの屋根は
なんとも絵になりにくい
その点、日本瓦はいいよね
ごちゃごちゃした町の中を
地下鉄が走り抜けます
(大阪市営地下鉄 東三国〜江坂)




もっと横断歩道が光っていたんですが
9月22日(火曜日)



今日も今日とて休日出勤なのでいつもの踏み切り
今日のテーマは「思いっきりローキー」
と決めてきたのでいきなりの−4段補正
でも、思っていたより明るかった
NDフィルターがほしい今日この頃
(東淀川駅)




贈る言葉
9月21日(月曜日)



暮れなずむ町の 光と影の中
去りゆくあなたへ 贈る言葉

休日出勤は、いつもの踏切が定番ですが
今日は、夕焼けがきれいだったので
帰路での一枚
なんとなく、こんな古い歌詞が
浮かんできました
(大阪モノレール 蛍池〜柴原)




転轍機の重さ
9月20日(日曜日)



昔ながらの手動の転轍機
大きい声では言えませんが子供のころ
使われなくなった引込み線のを作動させたことがある
丸い円盤は、鉄の錘ですから重かったですね
ここのも、長らく使われていない様子
思えば、子供のころよりずっと路線は減りました
新幹線は増えても在来線は、減少傾向でしょうね
むかしモータリゼーション 今後は、人口減が原因になるでしょうね
もちろん、動かした転轍機は元の位置に戻しておきました
(JR大湊線 大湊駅付近)




お仕事お疲れ様でした
9月19日(土曜日)



休日出勤といえば定番のいつもの踏み切り
秋になって空が澄み渡ってきますと
広角の楽しみが増えます
381系が寝ぐらに帰るころ
僕の仕事が始まります
(JR東淀川駅)




田園を走る
9月18日(金曜日)



もう、この田んぼも刈り入れが終わったでしょうね
夏もいいけど、東北地方は秋から冬にかけてが
一番似合うよね
こまちを狙っていたんですが
この場合、四角い顔のほうが似合うかもね
(JR奥羽本線 四つ小屋〜和田)




せめてもう一両
9月17日(木曜日)



どこかヨーロピアンな雰囲気では?
未明に家を出て、9時に仙台空港に着くとは
さすがは、速さのヒコーキ
仙台までのアクセスは、この2両編成の電車
各駅停車とあって、仙台に着くころには
朝のラッシュ状態
せめて3両はつないで頂きたい
(仙台空港鉄道 仙台駅)




山に穴を掘る
9月16日(水曜日)



もう少し日が暮れればよかったんですが
まだ、宮古まで走らなくてはいけなかったもんで
土木建造物で一番すきなのがトンネル
しかし、よく山の重さに潰されないなぁとおもう
それと測量技術の正確さ
うちなんか、小さな部品でも寸法違いが
日常茶飯事なんですけど
(三陸鉄道 唐丹駅)




エネルギーはベストミックスですが
9月15日(火曜日)



クリーンエネルギーもわかるけど
この風力発電機が立ち並ぶ風景が
どうも、好きになれない
発電機を回すギアの音と、なんともいえない低周波音
なんか寒々としますが
結構、全国で見かけるようになりました
(JR大湊線 吹越〜有戸)




定番ですが
9月14日(月曜日)



カミさんが、空港に勤めだしたこともあって
時間があるときは、お迎えに行く
僕にとっては、超定番のお気に入りのポイント
今回は、買いたてのPLフィルターで青を強調したのと
思いっきり、下にもぐってみました
夏とは、ちょっと違った移ろいやすい秋の空
(大阪モノレール  大阪国際空港駅前)



電車みち
9月13日(日曜日)



毎日、通勤で通過している踏切なんですが
歩いてみると、新しい発見があります
クルマも渡れない小さな踏切
だから、電車みち  なるほど
自転車を押して渡る麦わら帽子のおじさんに
去りゆく夏を感じます
(阪急電車 服部天神〜庄内)




出勤風景
9月12日(土曜日)



難読駅名は、数あれどここもちょっと読めません
「小牛田」とかいて「こごた」と読む
夏草は、伸び放題ですが
こう見えても、陸羽東線・東北本線・石巻線が交わる
立派なターミナル駅です
(小牛田駅)




港町ブルース
9月11日(金曜日)



「流す涙で 割る酒は
  だました男の 味がする
  あなたの影を ひきずりながら
  港 宮古 釜石 気仙沼」
1969年にヒットしたこの歌のイメージを
長い間、ひきずりながら初めて訪れたこの町
2線あったホームは盛り土されて専用のバスが通る
往年の栄華を物語っているのは
いまや不似合いに長いホーム
すこしだけ顔をのぞかせた青空に救われた気分
((JR気仙沼駅)




憧れの大湊線が
9月10日(木曜日)



どうしても元手がかかっているもので
あちこち行きたくなるのが人情というもの
大湊線の最大の課題は、その本数の少なさ
5分遅れで逃してしまいました
有名な海岸線は、この奥なんですが
どこから入れるのかわからない
完全な、計画不足
家内にあと2時間ここで待ってくれとはとても言えない
あるのは、海と風力発電のプロペラだけ
一人でも、待てないでしょうね
(JR大湊線 有戸〜吹越)




みんな、気をつけ行ってらっしゃい
9月9日(水曜日)



旅に出ますと、普段にまして朝早く目が覚める
起きたくもないのに、5時に目が覚め
誰もいない、朝風呂に浸かって
6時前から、ここにへばりついています
カメラぶら下げてなかったら通報されるのは必至
青い森鉄道は、その昔は東北本線
今でも、JR貨物はここを走る
雪がしんしんと降る朝もここにたつんでしょうね
ぽっぽやだねぇ
気づかなかったけど、改札上の時刻表に
しっかり写ってますねぇ
(青い森鉄道 上北町駅)




撮り鉄一家
9月7日〜8日(月曜日〜火曜日)



楽しみにしていた下北半島遠征も
いつものように、あっちゅうまに終わり
青森空港からの更新であります
やはり、更新は一日目しかできませんでした
三陸鉄道・青い森鉄道・JR大湊線と
乗り鉄がまったく果たせなかったのが
心残りではありますが、元気で頑張っていれば
また訪れる機会もあるでしょう
ちなみに、ホームで撮り鉄している二人は
我が家内と次男坊
揃いもそろってようやる!
(三陸鉄道 北リアス線田老駅)




行き先のなくなった駅
9月6日(日曜日)



今回の東北遠征
まだ、傑作は撮れてはいませんが
風景のあちらこちらに学ぶものを感じます
震災ではない、天災によって命のともし灯を
消されてしまった路線
例え一日数本でも列車が通ることは素晴らしい
用がなくなってしまうほど悲しいことはない
(旧JR岩泉線 いわいずみ駅跡)




鉄道は、みんなで走らせるもの
9月5日(土曜日)



てなわけで、岩手県に来ています
2011年3月11日の東日本大震災
あれから4年の時間が流れました
初めて訪れる僕にとっては、そこらじゅうにある
盛り土の山が異様には写るけれど、以前と比較するものがない
震災前を知っている学生君が「ここには、民家がびっしりとあったんだ」
としきりに叫んでいたのが印象的でした
割と高台にあるこの駅のここまで海水が押し寄せた
けなげに定刻どおり走る1両編成の列車に
こんなに感動したことは、ありません
(三陸鉄道南リアス線 唐丹駅)




ちょっと、旅に出てきます
9月4日(金曜日)



381系の勇姿を見られるのも
残りわずか知れません
特急「こだま」に代表されるボンネット型の流れをくむ
国鉄色カラーリング
これを超える車両は、まだないと僕は思います
まさしく旅情を誘う車両ですな


ということで、しばし旅に出ます
更新が可能かは、行ってみないとわかりませんが
32Mb増設で、思いっきり撮ってきますので
乞うご期待
(JR福知山線 柏原〜石生)




Cool Japan
9月3日(木曜日)



無人駅の自動券売機
何がすごいって、この機械の中には現金が入っていること
駅前定番の自動販売機も同じこと
夜には、人影も絶えます
それでも撤去されずにいます
どこかの「抗日戦争勝利の日」とかいっている
成り上がりの国では、見たことがない
この世で一番醜いのは嫉妬ですね
楽しくおしゃべりをする少女たち
この平和は、決して偶然ではありません
(JR福知山線 丹波大山駅)




因美tation2
9月2日(水曜日)



こうやって里山なんかを撮っていますと
緑の発色を、もう少し何とかしたいと思う
やはり僕は、ハイコントラストが好きなようです
そこで、PLフィルターを買っちゃいました
お試しは、週末の大遠征にて
どこに行くって?
それは、まだ内緒のお・た・の・し・み
(因美線 美作滝尾駅付近)




一瞬の光の中で
9月1日(火曜日)



お母さんに抱かれているおチビちゃんと
ベンチで何かで遊んでいるお兄ちゃん
我が家でもそんな時期がありました
季節の移ろいよりも歳月の流れは速く
過ぎ去っていくようです
今日から9月
夏の疲れが出ませんように
(北陸新幹線 大宮駅)