今日の「ぼく鉄」

土砂降りに晴れて
7月31日(金曜日)



日曜移動で再び秋田入りなので
本日は、有給とってのズルズル休み
よって、久しぶりに献血へ
ここは、涼しいしジュースは飲み放題、クッキーは食べ放題
絶好の避暑地なんですが、一度採血すると
しばらくは出来ないのが難点
この一枚
雨にぬれて光っているようにも見えますが
ピーカンでギラリ映りこんでいます
しかし、正直なところ仕事に行っているほうが
過ごしやすいのであります
昼間からエアコン入れるなんて贅沢は
我が家にはございませんので
(阪急電鉄 梅田駅)




2015年 夏
7月30日(木曜日)



E7系のボンネットに輝く真夏の太陽
夏が好きという方もおられますが
若い頃から、そんな事は一度も思ったことがない
僕は、身の引き締まるような冬が好き
真夏の昼間に、撮り鉄しようなんて思いませんもの
夏なら、夜明けか夕暮れ
早く夏が通り過ぎるのを待つばかり
(東京駅)




暑中お見舞い申し上げます
7月29日(水曜日)



震災復興は、道半ばと改めて思い起こされました
幸運にも僕自身は被災しなかった淡路大震災
地震の恐ろしさはよく知っていますが
年月は、やはりすこしづつ記憶を風化させる
一日も早く、この場所が元の姿に戻る事を
お祈りいたします
(東北新幹線 仙台駅付近)




野郎ども 大阪にけぇるぜ!
7月28日(火曜日)



とは言っても、他のメンバーは空路大阪へ
大阪伊丹空港は、地元なんですが
愛社精神に富む僕は
経費削減のため、あえて時間のかかる鉄路で
スイッチバックするので大曲まではバックで進みます
順調に名古屋まで来たのに、隣に乗り込んできたのが
あの、金に物言わせて、マナーが悪く
声のデカイあいつらですがな
せっかくの旅の終わりが台無し
(奥羽線 秋田駅)




脇が甘いよ
7月27日(月曜日)



そこの少年、ちょっと邪魔なんだけど
って、以前は思ったんですが
今は、君がそこにいるからいいんだよ
そんなふうに、思えるようになりました
映画「Railways」で一畑電鉄社長に扮する橋爪功さんが
「いいか、電車は運転士さんがいないと動かないんだ
でも、運転士さんだけでは動かない
鉄道は、みんなで動かすもんなんだ」
というセリフを思わず思い出したよ
廃止したら、二度と走らないのが鉄道なんだから
(秋田内陸線 阿仁前田駅)




こまち in 秋田こまち
7月26日(日曜日)



記念すべき10000ショット目は、秋田県で達成
70Dを購入して1年と3ヶ月
早いのか、遅いのかは分かりませんが
赤字に苦しむローカール線のなかでも上位ランクのこの路線
それならばとうことで、やってきましたが
乗り合わせた列車は、結構一杯でした
でも、すれ違う車両は、閑散としていましたね
電鉄会社、地域を挙げての気合を感じるこの路線を
今度は、雪のあるときに訪れたいなぁ
(秋田内陸縦貫鉄道 阿仁合〜小渕)




東北の夏
7月25日(土曜日)



東北三大祭りといえば
仙台七夕まつり 青森ねぶた祭り
そして、秋田竿燈まつり
着々と、準備が進んでいるようです
今年は8月3.4.5の三日間
2日からもう一度秋田に来ますがホテルがない
こまったぁ!
(JR秋田駅前)




秋田は今日も雨だった
7月24日(金曜日)



秋田に来まして早11日
晴れたのが一日
台風の影響で大気が不安定だとか
平日は、まあいいんですが
今度の日曜だけは晴れてほしなぁ
行き先は、悩んだ挙句に決めました
さて、何処へ
(秋田駅)




誰がはげやねん ロックンロールショー
7月23日(木曜日)



正式名称 男鹿線
どうもこの「なまはげ」と言うのが気になる
もちろんこの鬼の名前なんですがね
なんか聞き捨てならないと言うか
響きが悪いと言うか
これは、僕のひがみでしょうか
(秋田駅)

秋田での日曜が次が最後と言うこともあって
どこに行きましょうかね
秋田内陸縦貫線は本命ですが、由利高原鉄道もいい
前回は、通過しただけの五能線も捨てがたい
少し行けば青森県
思えば遠くに来たもんだ




お〜い、出といで
7月22日(水曜日)



べつに、猫を探しているわけではございません
発車前の始業点検
奥羽本線開業110周年
雪深いこの地に鉄道を通すのは並大抵では
なかったでしょうね
微力ながらこれからも、鉄道を見守っていきたいにゃぁ
(秋田駅)




頼むから、動くんじゃんねえぞ
7月21日(火曜日)



もうすぐ、本線を秋田行きの「こまち」が通過する
「こまち」は流して君が主役だからね
だから、そのまま動かないでね
という願いもむなしく、嫁さんが迎えに来たら
仲良く飛んで行きました
おめぇも、嫁さんに弱いんかぁ



鳥撮影は、新幹線より難しいです
小さくて、早くて、動きが読めない
(秋田〜四ツ小屋駅)




皆様、右手に見えますのが
7月20日(月曜日 海の日)



右手に見えますのが軌間1067mmの在来線でございます
左に見えますのが1435mmの新幹線用でございます
複合型の三線軌条は、箱根登山鉄道で見かけられますが
並んで走っているのは、珍しいのではございませんか
その差、実に368mm
こちらは、双方向単線区間なのでございま〜す
ちなみに、秋田新幹線と言うのは愛称で
正式には奥羽本線と田沢湖線です
(秋田新幹線と奥羽本線)




曇天には、あわない撮り方かなぁ
7月19日(日曜日)



日ごろの勤労ぶりが評価されてか
台風後の雨予報のなか、写真の神様が少しだけ
雨を止めてくださいました
しかし、発色はいまひとつ
それにも増して、右上に写る
ヒビ割れが気にかかる
(秋田新幹線)

おまけ


今日の撮り鉄のお相手は
秋田駅前で貸していただいた
無料のレンタサイクル
秋田に来て思うのは、駅前にパーキングが多いこと
大きな廃墟ホテルもあるしねぇ
再開発が、上手く回っていない感じがします



2009年廃業以来、放置され評価額の1/4の
1900万円でも買い手がつかなかったホテル
HOTEL HAWAIというネーミングからして
間違っているようなぁ
1900万円?ちょっと手持ちが足らないようです




名も知らぬ小さな花
7月18日(土曜日)



いまはもう使われなくなり、輝きもすっかり
うせてしまった線路脇にひっそり咲く可憐な花
もちろん意図的に植えたものではなく
どこからか種子が飛んできたのでしょう
大きいほうがご主人で隣が奥さん
奥さんのほうが花の数が多いんだなぁ、これが
他人事には、思えない
(JR秋田駅)




男の仕事だねぇ
7月17日(金曜日)



この日の新潟は、38℃まで気温が上昇
もう、死ぬかと思いましたが
この炎天下、外で作業をしている男たちがいる
新潟駅は、新幹線ホームの増設中
上越の夏をなめてはいけません
(新潟駅)




ちょっとあんた、聞いてんの!
7月16日(木曜日)



てな、雰囲気ですが
仲の良いお二人でした
旅に出ますと、こういった女同士の旅人を良く見かけます
出張ばっかり行っている、ウチのヤモメ連中に
旅を勧める所以なんですけどね
どこに落ちているのか分からないのが
出会いと災難 オイオイ
(東京駅)




肉眼ではこうは見えないけれど
7月15日(水曜日)



男鹿線の回送列車が引き上げていきます
今回のお宿の部屋から、この印象的な照明が見えます
哀愁を帯びた汽笛もたまに聞こえる好ロケーション
こんな光線には、ちょっとくたびれた車両が
良く似合います
(秋田駅)




4時38分 静岡着
7月14日(火曜日)



定刻通り)の静岡着
大阪を出て最初の停車駅
京都を素通り素通りする列車に乗ったのは初めて
2階建て車両の下階ならではのアングル
もっとすごいのが撮れるかと思いきや
それは叶いませんでしたけどね
(熱海駅)



栄光の大阪駅11番ホーム
7月13日(月曜日)



時刻は、0:34
かつては「急行寝台きたぐに」が
向かいからは「寝台特急日本海」が発車していました
前回は、ここから「しなの9号」に乗って松本に向かいましたが
今回は、さらに北上
「サンライズ瀬戸出雲」に乗って東京から
新潟を経由して秋田に向かいます
他のメンバーは、空路で秋田入りしますが
飛行機が苦手なので16時間の鉄の旅
東京からは上越新幹線「Maxとき305号」
新潟からは「いなほ5号」で秋田へ
廃止となればごった返すこのホームも閑散としており
二階建ての12号車も、利用者は4人
普段もこれなら、いずれは同じ結末がやって来るのでは
寝台列車は、機関車牽引のほうが味がありますね
(大阪駅)




やはり電車がいいね
7月12日(日曜日)



休日の午後は、クルマに乗らないようにと
昼にはクルマ止め(泡だつヤツ)を呑むのですが
今日は、出荷ということでお仕事でした
どこを通っても渋滞ばっかし
途中から鼻をねじ込むのもいますしねぇ
明日から、出荷したブツを追って北上します
真夏の取材旅行ではなくて出張は
エアコンの効いた部屋で布団をかぶって寝る
最高の贅沢です
(阪急電鉄 箕面線 牧落踏切)




お古いネタで失礼いたします
7月11日(土曜日)



師匠のイタリア・スイス撮り鉄ツアーの写真を見ていたら
唯一行ったことのあるヨーロッパ
ハンガリーのスクラップを開いてしまいました
元気なうちにもう一度訪ねたい街です
ちなみにここは、ハンガリーじゃなくてオーストリアですけどね
(ウィーンにて)




列車が来たよ
7月10日(金曜日)



ホームの端に立つ男の子
ちゃんと黄色い線の内側に立っている
表情は見えないけれど、真剣さが伝わってきます
カラフルな一両編成の気動車が
少年を気遣うように、ゆっくりと入線してきます
(北条鉄道 北条駅)




駅前駐車場にあるこれは何?
7月9日(木曜日)



日本広しと言えども、このお椀状のコンクリートを
見るために、大阪からわざわざ来るヤツは
そうわいまへんでぇ
戦時中関門トンネルを掘ったときの換気用の縦抗跡
駅の北側には、搬送用の斜坑があるんですが
カミさんの機嫌も、限界があるので断念
思いっきりさすって来ました
(JR鹿児島本線 小森江駅南口)




紅一点
7月8日(水曜日)



関係者以外立入禁止
という看板を沿線をほっつき歩いていると
よくお目にかかります
一般人が立入禁止な場所に合法的に入れる
そんな仕事、憧れるなぁ
でも、これからはきつい季節です
(大阪駅付近)




たどり着いたらいつも雨ふり
7月7日(火曜日)



「疲れぇ果ててぇ いぃることはぁ
誰にも隠せんはぁ しぃないだろう」
いえいえ、たどり着いたんじゃなくて
これからこの大雨の中を久留米まで
行かにゃならんのです
行きたくねぇなぁ
(門司港駅)




一番列車がゆく
7月6日(月曜日)



始発を待って小一時間
流れというものをほとんど感じない川ですが
朝の静けさの中に耳を澄ませば
いろいろな音が聞こえてきます
突然出来る波紋
見入っていたらお目当てが
通り過ぎるところでした
(神崎川橋梁)




敵を知り、己を知れば、百戦危うからず
7月5日(日曜日)



歳をとると寝聡なってどんならん
寝る前に、
「ああ、サンライズ瀬戸(出雲)は、4時28分頃
大阪を通過するんやな」
と、思っただけなんですが何故か頼みもしないのに
3時50分に目が覚める
4時間、寝てないなぁ
車を飛ばして何とか間にあったけど
あまりにも暗く、完全な失敗作で
つまり
敵も己の技量も知らなかったようです
あまりにも悔しいので少し明るくなるのを
待って撮ったのがこれ
サンライズ仕留めるのは、夏至の頃しか
無理かもしれません
(新幹線高架下)

おまけ

夜明け前でも、結構貨物列車は往来します
なんかよく分かりませんが
今時のお嬢さんの目元のようじゃ
あ〜りませんか パチパチ




また、雨が降ってきたよ
7月4日(土曜日)



今日は、撮り鉄と決めていたんですが
またしても、雨が降りだしました
線路の上に水玉がポツポツポツ
どうも、最近はいろいろと理由を付けて
写真をサボっているなぁ
マンネリの壁を超えられない
(阪急電車 宝塚線 石橋駅)



四名様 ご乗車
7月3日(金曜日)



長ーい、ホームに単機の機動車
ローカル線を旅しますと、不釣合いなほど長い
ホームの駅舎があります
その昔は、栄えていた証なのでしょう
JRのローカル線はまだいいほうで、三セクの場合は
本当に経営が深刻なところもあります
せめて乗らなくても入場券くらいは買ってあげたい
でも、無人駅も多いもんね
電気を使わず、コインをいれたら出てくる
そう、あのガチャのような
入場券販売機があればいいよね
幸いここは、特急停車駅
ななつ星のベンチが泣かせます
(JR久大線 天ヶ瀬駅)




魔性のファインダー
7月2日(木曜日)



ゴミ箱が邪魔だけど列車の先頭がそろっているのでと
Cameraを向けたところまたしても女性が横切りました
決して、意図的ではないのでありまして,
ファインダーが呼び寄せるといいますか
おまけに電話中のオッサンまで呼び寄せてしまいました
解せません
あまりにも、はっきりお顔が写っている上にガン見されているので
後処理でダークにしてみました
偶然の割りには構図が決まっているところがまた解せないのであります
恐るべし!Canon
(名古屋駅)




これって鉄道写真ですか?
7月1日(水曜日)




よそではちょっと見かけないお願い
当駅の真上を、ヒコーキがエンジン出力全開で上昇して行きます
では、ヒコーキと列車が両方狙えそうなんですが
真上過ぎてちょっとむずかしい
自宅から一番近いJRの駅なんですが
絵にならないんだなぁ
腕が悪いのでは?
そうともいいます
(JR宝塚線 北伊丹駅)