今日の「ぼく鉄」

やっぱ、ええ色やね
6月30日(火曜日)



頭頂部が光ると言うのは
他人事のようには思えないのですが
それはさておき、いい感じでお陽ぃさんが当たりました
梅雨空のこの時期には、こういった
明るいメキシカンタッチ(なにそれ?)の
一枚はいかがですかな?
今年も早いもので残すところ
6ヶ月となりました
(南海本線 泉佐野駅)




そっと忍び寄ってきてますよ
6月29日(月曜日)



新幹線のレールも日本海側まで届いた今
その車両も、多種になってきました
でもやはり、「夢の超特急」を懐かしむ世代としては
白い車体に青いストライプがしっくりくるね
最初は、違和感のあった700系
しかし、これほど見かたによっていろんな表情を持った
車両はないと思います
まるで怪人二十面相のように
(新大阪駅)




手強い踏切
6月28日(日曜日)



自宅から一番近い踏切
小さい頃から見慣れているのでなんってこともないのですが
初めて来たら、面くらうでしょうね。
急カーブで右に曲がってすぐに左折
それも切り返さないと曲がれない
でも、事故ったはなしは聞かないなぁ
(阪急電車 箕面線)




奇をてらってみたものの
6月27日(土曜日)



土曜日にここにいると言うことは、久しぶりの休日出勤
歩道橋の勾配を強調したくて斜め撮りにしてみたけれど
いささか斜めすぎて安定性に欠けますなぁ
水平なものは水平に撮ったほうがまとまりがいいようです
俯瞰撮影をするにはここは、架線が多すぎます
(東淀川駅)




入湯料は100円なり
6月26日(金曜日)



本日も縦位置で失礼します
まったく鉄分を含んでいない一枚でして
唯一、駅前温泉という看板が近くに鉄道があるのかな?
ちゅうような雰囲気を出しています
苔むした釣り橋の支柱
本当にこんなところに温泉があるのかと
疑心暗鬼で歩いていくとありました

おまけ


もちろん男だけ
川の奥のほうに鉄橋が見えます
列車が走っていれば、もう少しさまになったんですが
滅多と来ないのであります
(JR九州 久大線天ヶ瀬駅 駅前温泉)




夏来たりなば、秋は遠いなぁ
6月25日(木曜日)



どうも、最近縦位置の写真が多いようです
まだ6月ですが、日傘をさす女性の光景も多くなりました
この撮影の帰り、見るからに東南アジア系の青年が
強い日差しを避けて、雨傘さしているのには笑いました
「あんたら、もう日焼けしてるじゃん」って
思わず突っ込みを入れたくなりましたね
こうやって見ると、大阪の梅田のシンボルのスカイタワーの
窓も決して平面じゃないですね
(大阪 梅田にて)




懐かしい高架下
6月24日(水曜日)



今を去ること20数年前の9年間
夏の3ヶ月間 毎日この高架の下をくぐっていました
今は通行止めになっている高架下には、倉庫やレンタルスタジオなどがある
結構、コアな空間でした
阪急電車が、昭和7年に作った高架だそうで
当然、空襲の標的にもなったでしょう
いくたびもの補修を浮けながらも5分おきに通る阪急電車を
支え続ける
僕が通っていた頃は、チャリーはいませんでしたけどね

訂正:昭和7年と記しましたが、それはR176の高架で
阪急電車のそれは大正15年の誤りでした
もっと、すごい!
(阪急電車 中津駅高架下)




日本の夜明けは近い!   かな?
6月23日(火曜日)



夜明けに夜明駅
と言うのは、大ウソでして
撮影したのは、午後3時
WBを電球モード、露出補正アンダーで
意識的に撮りました
な〜んにもない駅ですが
久大線と日田彦山線の分岐駅
なんで、ここが夜明なのか?
調べてみる必要がありそうです
隣の駅が「てるおか」ちゅうのもええね
(JR九州 夜明駅)




前方確認よし!
6月22日(月曜日)



新幹線に限らず運転席は基本的にひとりだそうです
秒刻みの幹線もあれば
夜中に峠を終える貨物もあります
2時間で交代と言うのも頷ける
人間、そう緊張が続くものではありません
だらだらと気がつけば10時間と言う仕事も
ありますけどね
気合を入れて明日も新たに出発進行
で、行きたいものであります
(新大阪駅)




今年も暑い大阪の夏がやってくる
6月21日(日曜日)



夜中から朝方にかけての大雨が嘘のように
晴れ上がり、急遽梅田にやってきました
久しぶりの青空
夏も、もうそこまで来ているようです
個人的には、夏は嫌いなのであります
暑いから 当たり前ですが
ですから、夏は撮影旅行?
言い方を間違えました
出張に行っていたほうが体が楽なのであります
まあ、場所によりますけどね
(JR貨物 梅田駅跡地)




風のいたずら
6月20日(土曜日)



夕立がやんで、光がさしてきて
ぼくがこの田んぼにさしかかり、
のぼりの新幹線がトンネルから抜け出し
そして、風が少し止まってくれれば
水鏡にN700系は写ってくれたかなぁ
ちょっと角度的にきびしいか
もうこの田んぼも田植えが終わったでしょうね
(特急しなの大阪行き車窓より 関が原〜米原間)




緑の風が吹いてきた
6月19日(金曜日)



思えば九州と言うのは、観光列車の宝庫ですね
その中でも人気のひとつが「ゆふいんの森」
連結器まで、おしゃれなカバーがついている
非電化区間が多いのも撮り鉄には
うれしいところです
(JR九州 久大本線 夜明駅)




線路脇の小さな畑
6月18日(木曜日)



線路とは何の隔たりもない小さな畑
たぶん営利ではなく趣味で栽培されているのでは
何気ない風景ですが、おばあさんがこの位置で
しゃがまれるのを待ってシャッターを切った
太い幹が途中で切られて久しい感じですが
今年も変わらぬ若葉を繁らしている
もちろん、おばあさんより以前から
ここにいるんでしょうね
(JR九州 久大本線 天ヶ瀬駅付近)




のんびり揺られながら
6月17日(水曜日)



猫も杓子もスマホの時代に
車内で編み物をされる初老の女性
すごく新鮮に感じました
帽子といい襟巻きといい控えめなおしゃれが
とてもお似合いでした
もうすぐ終点の松本 まつもとぉ〜
(JR篠ノ井線 松本行き普通列車)




四たび松本へ
6月16日(火曜日)



先週の時点でこうなることは予想がついていたんですが
やはり松本に向かうことになりました
「しなの」のひとつ手前の停車駅である塩尻で途中下車
まえから気になっていたワイン樽
ちょうど特急待ちの女性運転士さんが
ストレッチしていたので一枚
あくまでも出張で、撮影旅行ではありませんので
(JR篠ノ井線 塩尻駅)




ピカピカのおじさん
6月15日(月曜日)



この三つ揃えにゲートル巻いてバンザイをするおじさんはだれ?
「別府観光の父」とか「別府の恩人」と慕われている
油屋熊八翁
銅像の台座にはそんな堅苦しい呼称はなくて
「こどもたちをあいした ピカピカのおじさん」とあるのがええね
よく見ると小さな鬼がぶら下がっている
熊八さんの旅館では酒は出さなかったんだって
そこは、ちょっと辛いなぁ
(別府駅)




ひかり462号東京行き
6月14日(日曜日)



後ろに括った黒髪がなんとも凛々しい女性運転士
これから僕を名古屋まで運んでくれます
このドアをくぐるまでには艱難辛苦の物語があったかもしれません
気がついたらなっていた職業ではないですよね
なりたくてなるのが天職
麻の夏服もバッチリ決まって東京へ向けて出発進行
(JR新大阪駅)




松本帰りの楽しみ
6月13日(土曜日)



先ほどまでの大雨が嘘のように太陽が顔を覗かせています
ところで、東海道線に単線区間が存在するのを知ってますか?
厳密には単線じゃないけれど、大垣から関が原までの下り線は大きく迂回しています
SL時代、上り線の25‰の勾配を嫌って迂回線が作られました
今では電化され、その必要がなくなりここを通るのは貨物列車と
優等列車だけ
調べてみると
金沢行きの「しらさぎ」が8本
大阪行きの「ワイドビューひだ36号」「ワイドビューしなの16号」
で、計10本が走っている
と言うことは、東海道線では珍しい単線区間の特急銀座
いずれ訪れる甲斐がありますねぇ
(東海道本線 大垣〜関が原間 ワイドビューしなの車窓より)




私もしっかり見てね
6月12日(金曜日)



今回は会えないかと諦めていたなぎさちゃん
時間ギリギリにやってきてくれました
こういう場合は、もっと絞って
後ろのなぎさちゃんもぼけないように
したほうがよかったかなぁ
なんか、視力検査みたいだもんね
(松本駅)




みたび松本へ
6月11日(木曜日)



どうも松本のお客さんに好かれているようで
急遽松本にやってきました
松本と言えば、スーパーあずさなんですが
いささか見飽きた感もあったところへ
この一両きりの車両は新鮮に見えました
でも、なんか切断されたみたいで
違和感あるなぁ
(松本車両基地)




幻のトンネル跡
6月10日(水曜日)



生憎の雨天
親の敵の白い空をあえて大きく入れているのは
訳ありでして
ここには70年ほど前、山があり二股トンネルがありました
戦後処理として、トンネル内で弾薬を焼却処分していたところ
爆発して山ごと吹っ飛び
多くの犠牲者を出しました
今は、すっかり山に戻った現場を忘れたように
列車が上って来ました
(日田彦山線 彦山駅付近)




日本で一番好きな駅
6月9日(火曜日)



幼い頃、門司の祖母に預けられていたこともあり
物心ついて初めてしった駅かもしれない
昔の面影を色濃く残した名駅ではあるんですが
久しぶりに訪ねたらなんと平成の大修理中
あっちゃ〜
完成は2018年とのことで残念無念
今でいう「丸ゴシック」調の看板は昔のまま
僕の鉄道の原点は、間違いなくここやね
(JR鹿児島本線 門司港駅)


平成の大修理中の門司港駅




久しぶりに旅に出ます
6月6日〜8日(土〜月曜日)



早いもんで、結婚30周年
息子夫婦が、別府の旅をプレゼント
してくれたので、お言葉に甘えて
と言うわけで、撮り鉄三昧とはいきませんが
隙を見て、撮ってきます
行き先は、東ではなく西
乞うご期待!
(上野駅)




広軌やあらへんよ
6月5日(金曜日)



1435mmの標準軌なんですが
軌間がやたら広く感じる
なんか、インドの鉄道みたい
車両幅が小さくて、幅いっぱいに
車輪があるからでしょうね
都会の真ん中のこの鄙びた駅が
やっぱ、好きやねん
(阪堺電気軌道阪堺線 恵美須町駅付近)




泣いてたまるか
6月4日(木曜日)



流し撮りとしては、失敗作なんですが
運転席のガラスを目に見立てると
なんか、涙がちょちょぎれているように
見えませんか?
何の線だろうかと考えてみると
こちらの歩道の手すりが写りこんでいたんですね
説明しないと分からないというのは
説得力に欠けているということなんですけど
(阪急電車 宝塚線)




今回もまた
6月3日(水曜日)



執拗に追いすがるユーザーから逃げるように帰国
関空に着くとほっとします
やはり、日本は空気が旨いですね
いささか黒つぶれですが、雲が面白かったので
一枚撮ってみました
光量があるときはいいんですが、暗くなってくると
古さは否めない
出張用に、もう少しいいカメラが欲しい
(関西空港)


浮かび上がる鉄骨
6月2日(火曜日)



夜の駅の風情も随分かわりました
まるでテーマパークのような輝き
いつも思うのですが
運行を止めずに、よくこんな駅が
作れるもんです
(JR大阪駅)




有名な30R
6月1日(月曜日)



電車ってこんなに折れ曲がれるんですね
下が鉄橋というのが、またすごい
今年も紫陽花電車が走るんでしょうね

緑の中を伝統の赤い車両が
ゆっくりと登って行きます
雨が一番に合う路線だよね
(箱根登山鉄道)