今日の「ぼく鉄」

いつもの笑顔で
5月31日(日曜日)



今日もホームに立っているんでしょうね
本当は、もっともっと遠くになるまで
手を振ってくださいます
日曜日だからたぶん、多くの鉄が押しかけているのでは
もうすぐ梅雨
そのころにもう一度訪ねてみようかな
(北条鉄道 法華口駅)




学校にも慣れました
5月30日(土曜日)



大きいランドセルをしょって電車通学
一人で電車に乗ったのはいくつだったでしょうか
右はいつも名調子のアルバイト君
予定では、今日この駅に帰って来ているはずが
予想通り延長を食らってしまいました
最近は、出張が辛いなぁ
早く帰って、撮り鉄がした〜い!
(阪急電車 石橋駅)




恋に疲れた女がひとり
5月29日(金曜日)



そんな妙齢な女性が降り立てば
バッチリ絵になるところなんですが
誰も降りてきません
なんせ、一日の乗降客平均2人と言うのが
売りの当駅ですので、無理やね
山間の駅に、ディーゼルの音だけが響く
(智頭急行線 恋山形駅)




異な橋脚
5月28日(木曜日)



この手前の橋脚だけが何故かきれい
たぶん補強のために被覆したんでしょうね
でも、ちょっと浮いた感じ
映画「犬神家の一族」の佐清(すけきよ)さんを
連想するのは、僕だけですかね
(JR大糸線 梓川鉄橋)




これはいかん!
5月27日(水曜日)



出張生活も先が見えてきましたが
せっかく減らした体重が2週間あまりで
4kgも増えてしまいました
帰ったら、当分はビール抜き
のつもり?
(信楽高原鉄道 紫香楽宮跡駅)




1番いい季節
5月26日(火曜日)



二人のようなアベック?古いなぁ
カップル?まだ古いか?
ペア これ以上新しい表現を持ちませんが
なんとも仲の良さが出ています
この頃のぼくには、なかったなぁ こういうの
どこに行っても楽しい季節
彼女を泣かせるんじゃぁねぇぞ!
大きなお世話でした
(南海電車 加太駅)




富士山頂を見下ろして
5月25日(月曜日)



右下の影は、向かいの席の見知らぬ人の頭
車窓風景と言うには、ちょっと他の要素がなさすぎですが
この目線で、やや下に望めたことに感激
今までにない体験です
いくら小海線が高地を走っているとか言え
富士山を俯瞰できるはずはないんですが
地球は丸いっていう証拠ですね
ふ〜じは、日本一のやまぁ〜
なのであります
(小海線 小淵沢〜甲斐小泉駅間)




なんか変わったのが入線して来ましたよ
5月24日(日曜日)



この一風変わった湘南カラーの電車は何だろう
どう見ても、旅客用には見えないんですけど
これは霜取列車といって、気温の下がる季節に
架線いついた霜を、パンタグラフで削り落とす
もう今は、走っていないでしょうけどね
(篠ノ井線 松本駅)

おまけ(呉江だより)

いささか、ネタが枯渇気味なんですが
ここ中国蘇州市呉江区には鉄道がありません
仕方なく、運河を行く船を撮りました
この船、こう見えて結構デカイんですが
前見なくて大丈夫かなぁ
スマホの普及率は、日本より高いかも知れない




「かた」ではありません
5月23日(土曜日)



加太と書いて
南海加太線は、「かだ」
JR関西本線の場合は、「かぶと」
と読みます
かだえきの駅員さんは、これと同じ柄の前掛けを
されていましたが気付くのが遅く、撮れずじまい
なんとも残念なことをしました
戦時中の砲台跡で有名な友ケ島も見えましたが
連絡船の混みようで断念
というか、鉄分のない被写体にまったく
興味がわかないんですな、最近
これはこれで、困ったもんです
(南海電車 和歌山市駅)




連日の踏切ネタですが
5月22日(金曜日)



この何の変哲もない第一種踏切りは
現在では非常にレアな存在
写真を見て分かる人は、そうとうコアな方ですね
何がレアかと言うと、それは音
電子音全盛の中にあって、電気的に実際に鐘を
打ち鳴らす電鐘踏切
さすがに生の音は、温かみがあっていいねぇ
それに、上下線についている二つの鐘の鳴る間隔が
微妙にずれていて、だんだんハモリだす
音も鉄道の楽しみの大きな要素です
(アルピコ交通 上高地線 松本大学前駅)




日本で一番高い踏切り
5月21日(木曜日)



やはりいますねぇ、同病者が
僕もついさっきまでいましたけどね
ここは、標高1375m JRで最標高地点に近い踏切
逆光もあるけれど、窓ガラスが汚いのも幸いして
ゆるーい雰囲気になりました
でも、このあたりはちょっと絵にするには
難しかったなぁ
(JR小海線 野辺山〜清里)




写真を撮り続けるコツ
5月20日(水曜日)



スマホの恩恵で、鉄道写真と言う趣味も
一部のマニアだけではなく、広く市民権を得ましたよね
鉄道番組も随分とふえました
写真と言う趣味を続けて行く上で
ひとつのテーマに特化してみるのも有効だと
再び写真を始めてつくづく思います
何でも撮るというのは、結局何も撮らなくなる原因かも
姐さん、いいのが撮れましたか?
(南海電車 和歌山市駅)




「新」はつくけど古い駅
5月19日(火曜日)



以前縁あって、200回以上は来た八日市
でもこの古い駅舎を訪れるのは初めて
500mしか離れていない近代的な八日市駅とは
対照的な木造駅舎
軌道は草ボウボウで、トイレは汲み取り式
JRにはない、ローカル私鉄の趣が味わえる駅舎です
(近江鉄道 新八日市駅)




二列車とも定刻どおり
5月18日(月曜日)



久しぶりにMFで撮ってみた
意外と新鮮な気分
フィルムの頃は、AFなんか持っていなかったので
昨今のAFデジイチには驚かされるが
置きピンは、やはり鉄道写真の基本ですね
後ろに、新幹線も写っているの分かりますかねぇ
(JR宝塚線 猪名寺駅)




僕の名前は、正太郎
5月17日(日曜日)



些細なことが思い出せなくて気持ちが
悪いってことないですか?
今日のつっかえは、鉄人28号を操縦していた少年の名前
正太郎君は覚えているんですが、苗字のほうが・・・・・
どうしても思い出せないのでネットで調べたら正解は
金田正太郎
往年の大投手
400勝の金田正一さんが活躍していた時代ですね
若い人には
古臭くて、このタイトルさえ分からないかも知れないなぁ
(南海電車 難波駅)




パンタが上がれば
5月16日(土曜日)



ようやく朝日が昇ってきて光量が確保出来てきたので
金網も薄くなって来ました
尾灯でもいいので点灯すれば最高だったんですが
まだ始発まで1時間以上あります
兄弟たちもまだ眠っているようです
(鳥飼車両基地)

おまけ



滞在中のホテルの近くで見つけた欄干
なんか「エ〜〜〜っ」って嫌がっているように
見えませんか?




時をこえて
5月15日(金曜日)



国鉄ワフ25000形貨車
昭和13年生まれ
昔の貨物には、最高尾に有人の貨車がついていました
そういえば、見なくなって久しい
こいつの赤いテールランプは、泣きそうになるくらい旅情があったなぁ
(若桜鉄道 八東駅)




狸が総出でお出迎え
5月14日(木曜日)



狸が全員列車のほうを向いてのお出迎え
そのわりに降りるお客さんの数が少ないのが
寂しいのであります
よく見ますと、狸さん以外にも
お迎えに来ているようですよ
(信楽高原鉄道 信楽駅)




中国の新幹線
5月13日(水曜日)



一時は、1万円で800元あったのが
今や500元を大きく下回っています
辛いなぁ
中国に来たぞと言う証拠写真のような
何の工夫もない一枚で申し訳ありません
奥に見えるのが新虹橋空港
(上海虹橋空港付近の高速より)




ちょっと駅には見えませんが
5月12日(火曜日)



どこかの古いアパートですか?
いいえ、違います
立派な駅舎です
国道を走っていて、うっかり通り過ぎてしまった駅
駅に上がる道が分からなくて、歩いていて見つけた
色づく野村もみじ
晴天よりも雨が似合いそうな駅です
さて、明日より中国呉江(ウージャン)に出張
現地からアップ出来ればいいんですが
(関西本線 月ケ瀬口駅)




LEDの点滅が見える
5月11日(月曜日)



お馴染みの忘れた頃にやってくる
何だこれは!シリーズ
後ろのガラスに映っているのは駅の風景だけど
電車からはみ出している
ほかのブレに比べて車掌さんのブレが少ないのは
きついカーブのイン側なので移動量が
小さいからかもしれませんね
日ごろ手を焼くLEDの点滅の軌跡は、予想外
(大阪市営地下鉄 谷町線 天王寺駅)




いつから終了しているのでしょう
5月10日(日曜日)



マジック書きの「本日終了」
終了して幾久しいように思いますが
廃駅ではなく、立派に現役の旅客駅
この窓口で切符が販売されていた日があったんでしょうね
勿論、パンチを入れるのは硬券
カチャカチャカチャという歯切れ良い鋏の音を
知っている世代も少ないのでは
全て木造のこの駅舎
時間が止まっているようです
ところで、誰のヘルメット?
(若桜鉄層 八東駅)






花咲く娘たちは 花咲く踏切で
5月9日(土曜日)



もっと花の名前を知っていたら素晴らしいと思う
のどかなローカル線の雰囲気ですが、
開かずの踏切として有名ないつもの踏切
鉢植えだけど、いつもの踏み切りに優しさが加わりました
(いつもの踏切)




もうすぐ電車が来ますよ
5月8日(金曜日)



朝の通勤時
いつも持ち歩いている、7年選手のLUMIXで
適当に狙いを付けて撮った
バラスにピントが合っているのは仕方ないところ
レールの振動が分かるのか、かなり手前で
飛んで行きました
しっかりレールをつかんでいるところがいいね
(阪急宝塚線 石橋駅)




空にいちばん近い駅
5月7日(木曜日)



標高1345.67m
普通鉄道では、日本最高地点の駅
記念に買った入場券を失くしてしまったのは
なんとも痛恨の極みだったけれど
10キロ歩いたのとこの青空は
いい思い出になりました
(小海線 野辺山駅)




リベンジ 心斎橋駅
5月6日(水曜日)



3月10日にアップした写真がやや気に入らず
いつかリベンジを狙っていたのです
それがこれ
縦横が違うだけじゃん・・・と思われるかもしれませんが
天井が写っているかどうかが大きな差なんですな
ところが今度は、照明が一直線に並ばない
階段を数段下りる必要があるけど、手すりが邪魔で
センターをはずしている
トータルでは、今回のほうがいいと思うけど、どう?
(地下鉄御堂筋線 心斎橋駅)

前回のカット





我的鉄
5月5日(火曜日 子供の日)



少なく見積もっても、35年は来ていない
南海なんば駅
むか〜し、ロケット広場と言うのがあったように
記憶しているのですが、ここじゃなかったのかなぁ
このごろ、ドサクサでロゴ入れるのに凝っていまして
今回は、中国語まで入れてしまいました
連休が明ければ、久々の中国出張です
(南海電鉄 なんば駅)




宮本えりおでーす
5月4日(月曜日 緑の日)



昨日のブルーとは対照的にピンクです
智頭急行線の鉄道むすめは、宮本えりおちゃん
GW中だけでも「一日いち鉄」で行きたかったんですが
どうもモチが上がらなくて
いけませんねぇ、少々の雨で気持ちが萎えるようじゃ
写真は、道具ではなくて気持ちですね
(智頭急行線 恋山形駅)




フェンスの向こうのN700
5月3日(日曜日 憲法記念日)



本日の大阪の日の出は、5:07
目覚ましも鳴らないのに4時前に目が覚めた
完全に年齢のなせる業
思い立って来たものの、非常にも二重の金網
網タイツはいいけれど、金網はねぇ
まあ、それなりにイメージ通りになったので
それはそれで、よしとしましょうか
帰宅後、睡魔のため二度気を失う
いささか遅めのGWスタートです
(JR東海 新幹線鳥飼基地)




おはようございます
5月2日(土曜日)



世間ではGWらしいのですが
お役目、ご苦労様です
僕も朝からここで撮り鉄していると言うことは
例によって個人的事情により、休日出勤なのであります
最近お気に入りの「はくと」が、間一髪のところで止まって撮れました
初めてのスポーツモードを試してみたけど
こっちのほうが成功率が高いようで、
まだまだ修行が足りませんなぁ
(東淀川駅)




お釣りはいりません
5月1日(金曜日)



今ではちょっと珍しい汲み取り便所
小便のほうは、さらに便器レス仕様
大便にいたっては、よほど切羽詰まって
意を決しないと入れない雰囲気をかもし出しています
中国に比べれば可愛いものですがね
思い出しただけでも目がしみる
(信楽高原鉄道 雲井駅)