写真と文
もりた ぼくてつ
生業:親切な機械屋さん
趣味:写真と立ち話


mail
hirotymorita@Gmail.com


今日の「ぼく鉄」アーカイブ

2020年
4月
3月
2月
1月
2019年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2018年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2017年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2016年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2015年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

2月
1月
2014年
12月
11月
10月
9月
7月〜8月





Photography needs to stop being art,   
It needs to stop expressing feelings,    
When it is completely a record.      
It can be something.

写真は芸術であることをやめ 
内なるものの表現であることをやめて
記録に徹すると時
なにものかであり得る 

ある写真家のこの言葉が好きで写真を撮り続けています


今日のぼく鉄

今年の一文字
5月19日(火曜日)



まだ、半分以上残っているけれど
今年の一文字は「密」でしょう
去年の今頃「3密」なんて言葉はなかったよね
何があるかわからないのが人生ならば
毎日を大切に生きるしかないですね




普通は当然じゃない
5月17日(日曜日)



元気で気軽にお買い物
この当たり前のことが決して当然じゃないことに
気づかされた今回の武漢熱騒動
ここからが正念場
早く気軽にストリートスナップできるように
気を引き締めて




「よし!」
5月16日(土曜日)



八尾まで4日間通って玉掛け・クレーンの教習を受けた
クレーンといっても5t未満の入門編ですが
久しぶりにこっぴどく怒られた
この歳になると怒られるのは嫁はんぐらいで
かえって新鮮な気分だった
改めてこれ操作する人はすごいなぁと思う
「よし!」
何かにつけ確認したくなる




夕日に向かって去ってゆく男
5月12日(火曜日)



長い間、一緒に仕事をし、お世話になった先輩が逝った
穏やかな顔だったと友人は言うけれど
なぜかそんな顔は見たくない気持ちが強く
夕日に手を合わせてお別れをした
昨年、母親を亡くして心のどこかに
物言わぬお顔は見たくない
そんな気持ちはあるのかもしれない
ご冥福をお祈りいたします
合掌




許せねぇ
5月10日(日曜日)



世界中にウィルスばらまいといて
その隙に領土拡張を狙う
許せねぇ




逆に言うたら正しい
5月5日(火曜日 こどもの日)



もて余すような日々にもようやく慣れてきたころ
終わりが見えてきました
定年になれば、否応なくサンデー毎日
いかんなぁ
ぼけ老人が近づいてくる




門パイナップル
5月4日(月曜日 みどりの日)



写真を撮らさせていただいている者としては
自粛規制のお達しには、出来るだけ従うようにしている
とはいえ、体が鈍る
人通りの少ない時間を選んでご近所徘徊
その気になれば、面白いのが見つかります




お客さん 乗ってないね
5月3日(日曜日 健保記念日)



以前から行ってみたかった澤田八幡神社
ちょっと八尾まで行く用事があったので
足を延ばしてお隣の藤井寺へ
狙い通り人物が来たので
車両のほうはブラしてみました




人間様は大変です
5月1日(金曜日)



緊急事態宣言が延長されそうです
ここで、気を緩めるわけには参りませぬぞ!
各々方