写真と文
もりた ぼくてつ
生業:親切な機械屋さん
趣味:写真と立ち話


mail
hirotymorita@Gmail.com


今日の「ぼく鉄」アーカイブ

2019年
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2018年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2017年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2016年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2015年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

2月
1月
2014年
12月
11月
10月
9月
7月〜8月

リンク


「花鳥風月☆」さん

「しょうもないブログ」さん




Photography needs to stop being art,   
It needs to stop expressing feelings,    
When it is completely a record.      
It can be something.

写真は芸術であることをやめ 
内なるものの表現であることをやめて
記録に徹すると時
なにものかであり得る 

ある写真家のこの言葉が好きで写真を撮り続けています


今日のぼく鉄

5000系接近中
12月9日(月曜日)



望遠レンズは、遠くのものを撮ることよりも
圧縮効果にこそ醍醐味があるね
それによって高低差が強調される
広角は遠近、望遠は高低差
ぼく鉄写真講座でした




ラグビー神社
12月「8日(日曜日)



珍しく撮り下ろしの1枚です
前々から行ってみたかったラグビーの聖地 花園
にわかとしては、参拝しないわけにはいきますまい
公園では、親子連れがパス練習
土地柄か、それとも同じにわかか?
まあ、そんなことはいいじゃない




寒い女
12月7日(土曜日)



低速シャッターって写真だけの表現だと思う
その気になれば人物も消せる
肝心なのは自分がブレちゃダメなんですよ




陽だまりの彼女
12月6日(金曜日)



同名の小説を思い出しました
日向ぼっこしながらも
決して警戒は怠らない
野良の目ですね




去ってゆく女
12月5日(木曜日)






鶴の恩返し
12月4日(水曜日)



昔、助けられた鶴が
ターンバックルに姿をかえて
健気に頑張っている
ポエムやなぁ




冬は午前中が狙い目
12月3日(火曜日)



一眼レフで街撮りするといかにもファインダーのぞいて
撮ってますみたいになりますが
超広角だとちょっと重たいコンデジ間隔
大体の方向に向けていれば入る
ただ、今回は3台体制だったのでちときつかった




車輪の下で
12月2日(月曜日)



どちらかというと
僕は森の紅葉よりも街の紅葉が好きだな
それも落ち葉が好き
乗り捨てられた自転車とのコラボ
フルサイズらしいショットになった




紅のトンネル
12月1日(日曜日)



カレンダーが残り一枚になりました
何やかやとありながらも
今年も残り30日
若いころと違って
我が小さな生活にも否応にも節目がやってくる
それでも、自然は引き際を知り
次の準備に入ってゆく
往生際が悪いのは、人間様だけかもしれない