写真と文
もりた ぼくてつ
生業:親切な機械屋さん
趣味:写真と立ち話


mail
hirotymorita@Gmail.com


今日の「ぼく鉄」アーカイブ

2019年
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2018年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2017年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2016年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2015年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

2月
1月
2014年
12月
11月
10月
9月
7月〜8月

リンク


「花鳥風月☆」さん

「しょうもないブログ」さん




Photography needs to stop being art,   
It needs to stop expressing feelings,    
When it is completely a record.      
It can be something.

写真は芸術であることをやめ 
内なるものの表現であることをやめて
記録に徹すると時
なにものかであり得る 

ある写真家のこの言葉が好きで写真を撮り続けています


今日のぼく鉄

この期に及んで何を迷う
8月23日(金曜日)



コーナーの入り口にサギがいる
数秒後にスーパーはくとが来る
でもサギは気づかない
運転士がたまらず汽笛を鳴らした
飛び立ったのと列車が来たのはほ同時
すべて想定内のはずだった
ずっと捉えていたのに、一瞬迷いが生じて
フォーカスが離れてしまった
今でも飛び立つ瞬間がが目に浮かぶ




船坂越え
8月22日(木曜日)



原点回帰じゃないですが鉄道風景写真を撮ってます
気を抜く暇のないストリートとちがって
こちらは待ち時間たっぷり
その間に、集落をぶらついたりしてね
それはそれで、何かに出会える
今では不具合なほど長いホーム
昔は、ここからレンガの積み出しをしていたんでしょうね
(三石駅)




史上最強のディーゼル列車
8月21日(水曜日)



半端じゃなく早いし、ホームは狭いので
迫力満点なのが智頭急行線のスーパーはくと
一度乗ってみたい路線
狙うとしたら、やはり冬でしょうね
今回、5Dm2を連れてきたのは
ミスチョイスでした




縦か横か
8月20日(火曜日)



写真の基本は、まず水平
ところが立ち位置とか角度によって
水平は出ても、水直が出ないことがある
レンズの収差もあるし
だったら、どうするのよ
ようわぁ、水平に見えればいい
優先順位は、あくまで水平優先なのであります




みんな何処に行った
8月19日(月曜日)



かつては人が住み
夜には明かりが灯ったであろうこの家
うっそうと草に囲まれているだけじゃなく
家の中にも草が生え茂っている
いまや、日本中にこんな家屋が急増している
なんとも遣る瀬無い




何のために写真とるのか
8月18日(日曜日)



芸事は、すべからず他人に見てもらいたいから
励むんだと思うのよね
ところが写真の場合、この頃肖像権とかで
承諾を得て撮るか、嫌なら後姿かシルエットでお茶を濁す
そんなの生ぬるいと
気にぜず撮ってきたんですが
いざ公表する段になってはたと気がつく
リスクがあって公表できないんだわ
ジミ〜なブログならまだしもSNSなんかには
でもって 仕方なく
差し障りのない写真を撮っている
これでリアリティが出るわけがない
(顔を撮ったからって、リアリティがあるといってるんじゃないですよ)




サボテンミッキー
8月17日(土曜日)



なんかミッキーにミニーにお馬さんまでいるように見えませんか
作りモノっぽいんですが本物のサボテン
望遠持ってなかったので背景がしっかりしすぎ
といって、寄るとサボサボするし
難しいところです




小さな花が教えてくれること
8月16日(金曜日)



アスファルトの僅かな隙間に命を宿し
懸命に花を咲かせる
しなやかで、それでいてしたたか
僕に必要なのは、そんな覚悟なんでしょう
明石屋さんまはいいことを言う
「生きてるだけで丸儲け」
確かにそうなんだよね




吹けよ風 呼べよ嵐
8月15日(木曜日)終戦の日



最近のカメラのフォーカス性能ときたら
そりゃぁもう優秀で、顔認識なんか通り越して
瞳認識 それも動物まで判断するっていうから恐れ入る
その点、AE つまり明るさの部分はまだまだ人間が介在できる
この空だって本当はもう少し暗い
カメラは、自分の適正露出にもっていこうとする
だから、露出はマニュアルで撮ったほうが
イメージに合わせやすいってことなんだね
そのうち自動構図機能なんか出たりして
そうなりゃ、写真やめよっと




台風が来る
8月14日(水曜日)



長い休みにほとほとうんざりしているのであります
出かける気にもなれないので
近場をほっつき歩く
折しも台風の風で自転車が倒れ
前輪だけが風車のように回っていた
2017年に来にきた21号と同等の超大型とか
その時は、いきなり涼しくなったように記憶する
適当に涼しくなってくれればいいけど
被害だけは出さないでね




ヘイ ミッキー
8月13日(火曜日)



久しぶりのTobitetsu
今日は、台風の影響で風向きがいつもと違うので
three twoから降りてきていたんだ
このコースだと、旋回も楽しめる
ヒコーキ写真は、いいよね
空を眺めながら風と雲を読んで待つ
ただ、うまく撮らないとホンマの
飛行機写真になってしまう




暑中お見舞い申し上げます
8月12日(月曜日)



本日は、朝6時から自宅の草刈り
8時半に終わってシャワーを浴びて
さて、写真を撮りに出かけましょう
とは思うのですが、もうバテバテで
結局、部屋でダラダラしてしまいました
いかんなぁ




世界共通の神器
8月11日(日曜日)



肌を覆ってはいますが
以外と涼しげな感じ
暑い国ほど、肌を出しませんからね
大阪の町も今じゃ人種のルツボ
全員に共通してるのが手にはスマホ
あれだけ毛嫌いしていたスマホ
大きな声じゃ言えませんが
とうとう手を出しちゃったんですよ




にご用心
8月10日(土曜日)



大型盆休みの初日は
仕事をしておりました
いつもは混んでる道も、スイスイ
信号待ちで並んだお嬢さん
鼻と口だけで美形なのが分かります
でも、お嬢さん
気を付けてくださいよ
どこかで誰かがファインダー越しに狙っている
じゃなくて
ヘルメットの顎ヒモしなきゃぁ
かぶってるだけじゃ、暑いだけです




絶対的な価値のために
8月9日(金曜日)



なんで、毎日下手くそな写真をアップしてるの?
さて、なんででしょうね
煎じて言えば生き方
世の中には、こんな瞬間もあるんですよ
って、言いたいのかなぁ
どんなにカメラが高級化して高機能になろうとも
絶対に越えられないのは、今しか撮れないこと
まえ・後ろは断じてあり得ない
今の時代
断じてあり得ないことなんてそうはないよね
取り返しがつかないということなんです





今日も暑くなりそうだ
8月8日(木曜日)



お盆休みまでもう少し
でもね
休みは3日あれば十分です
だって、職場の方が涼しいもんね




祝30周年
8月7日(水曜日)



阪急8000系が登場して30年
もうそんなになるんですね
何と言ってもこの電車
方向幕がLEDじゃないところがいい
スポット的に陽が差し込むポイントに
ヘッドマークが入るのを待って撮ってみた
こういう使い方
ミラーレスの数少ない弱点だよね




迷いの影
8月6日(火曜日)



始業時間1時間前
このガランとした朝の会社が好きだ
朝日をまともに受ける階段で自分の影を
撮ってみた
この階段を下りて仕事場にはいれば
今日一日ではしきれないほどの仕事がある
それだけで十分です




目力 すごい!
8月5日(月曜日)



これ、作ろうとして作れるかな
自然にはがれたモルタルを見つけて作ったんなら
その着眼点に敬服
それにこのピカチュウ
なんか妙に立体感ないですか?
こういうのをArtというのでしょう




雲のゴジラ
8月4日(日曜日)



雲を眺めていると飽きないよね
一時もじっとはしていてくれない
色を変え、形を変えて楽しませてくれる
コントラストを強調することで
眼で見た感じとは違う
心に感じた風景にしてくれるのが
写真のいいところです




夏は過ぎつつ
8月3日(土曜日)



今年何度目かのいつものひまわり
今日は、望遠ではなくマクロで
そばで見ると少しキモイ




公衆電話
8月2日(金曜日)



いつかけたのか覚えていないね
今となっては、鉄アレイのように重たい受話器が
なんともノスタルジック
スマホ万能の時代にあっても絶滅はしない
集金のコストとか考えたら
社会的意義だけで存在しているのかもしれない
この張り紙
本当なのかいたずらなのか
でも達筆ですね
羨ましい




おとなの入口
8月1日(水曜日)



少し前、職場でヒールを強要されるのは
許せないとか、そんな話がありましたね
確かに、他人に履物をとやかく言われたくないというのは
分かるんですよ
でもね、職業によっては
ユニフォームの一種というか、身だしなみというかね
僕なんか、朝から晩まで安全靴
足は臭うし、靴下は穴あくし
でも、仕事に就いている以上、仕方がないのです
そのくせ、結婚式ともなればシルバーのハイヒール
女性の特権だと思うけどなぁ