今日の「ぼく鉄」アーカイブ
2017年
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2016年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2015年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

2月
1月
2014年
12月
11月
10月
9月
7月〜8月

リンク


「花鳥風月☆」さん

「しょうもないブログ」さん


ホームグランド
阪急宝塚線


旅する人
もりた よしひろ
生業:親切な機械屋さん
趣味:鉄道写真と立ち話


hiroty@hose3tana.sakura.ne.jp

それは、鉄道を通すために山を切り開き、時には穴を掘り、橋を架ける
決して主役ではないそんな土木構造物求めての鉄道の旅
それが鉄道土木 「ぼく鉄」 そして気の向くままの「僕の鉄道のある風景」

そして
稀に「飛び鉄」

今日のぼく鉄


みんな元気に第二の人生を
10月21日(土曜日)



こう雨続きだと、ほんとネタに困ります
こういった日は、写真の整理
懐かしいのが出てきました
思えば、この旅が「ぼく鉄」の原点
70DもSTYLUSもないLUMIXの時代
2013年9月の撮影
タイトル写真の備後落合もこの旅でした
写真で一番大切なものがわかりました
カメラでもレンズでも光でもなく
とりあえず出かけて見る行動力です
(一畑電鉄 川跡駅)




気分はG
10月20日(金曜日)



ストーブ列車にグルメ列車
ラッピング列車なんてのは当たり前
ローカル線は、どこも経営的に
楽ではないようです
飯山駅で乗り込んで来たのは
粋な楽隊のお兄さんたち
僕とは違うGの押さえ方
たしかにこのほうがCとかEmにも
移りやすいよね
童謡もいいけど、カントリーウェスタンなんかも
やってほしかったなぁ
僕は、途中で降りたので
ノってきて演奏したかもしれませんけどね
(飯山線 臨時快速おいこっと)




雨中の行進
10月19日(木曜日)



きのうとおんなじ場所
こういった中途半端な雨が一番やっかい
雨粒が写らないもんね
長靴の女の子なんかが
いいけれど贅沢も言っていられない
で、何が気に入ったかと言えば
右足のつま先の反りですな
最近、こんな風に気持ちよく
膝が伸びません
(石橋駅)




パンタ 光る
10月18日(水曜日)



なんとも、久しぶりに青空が拝めました
入線して来た普通電車のパンタが
思ったとおり光ってくれました
でも、このページを更新している今は
小雨が降っています
土日は、気合の入った雨だとか
雨には雨の写真がありますが
やはり、晴れたほうがうれしい
(石橋駅 箕面線ホーム)




改札の向こうに
10月17日(火曜日)



岡山県から鳥取県にかけて走る因美線には
木造駅舎が多く残っていて
大好きなエリアです
この長雨が終わればぐっと秋が
深まるでしょうね
三江線も来年には廃止
今年は、冬用タイヤを買おうかな
(和知駅)




旅に出たい
10月16日(月曜日)



うちのカミさんは、新規開拓派で
行った事のないところへ行きたいタイプ
僕は、リピート派で
気に入ったところには、もう一度行きたくなる
ここは、その中でもぜひ再訪したいところ
できれば、宿をとって一日ここにいたい
思えばてつたび先生の師匠である
真島先生の御気入りの場所です
思いっきりのんびりと撮り鉄がしたい
今日この頃
(小淵沢〜甲斐小泉)




孫がやってきた ヤア!ヤア!ヤア!
10月15日(日曜日)



いや〜、秋の長雨とは言ったもので
今週も雨続きのようです
今日は、孫が来ていました
あとひと月で1歳になります
早いね
ついでに爺さんのほうも1日早く+1歳
もう少し大きくなったら
一緒に水族館に行こうね
(太地駅)




しゃがむだけで世界が変わる
10月14日(土曜日)



ちょっとジオラマ風ですが
普通にマニュアルで撮ってます
伊予西条 最後の朝でした
小さいながらも三線軌条
鉄道の町だなぁと思う
最近なんだかんだと忙しくて
撮り鉄ができていません
って言うのも言い訳で
大きな壁みたいなものを
感じています
(伊予西条)




手が真上まで上がらなくなってもいて欲しかった
10月13日(金曜日)



この駅は、特別でした
ぼくは、世界で一番有名な
ローカル駅だと思っています
その分、そのシンボルであることは
本人にとっては重圧だったのかなぁ
何も残さず、何も言わずに去られたそうですね
どんな理由かは、聞きたくないですが
このホームにもういない事実
それだけが無性に寂しい
ストックの中から選んだのは
結局最初に訪れたときのこのカット
反抗心から金髪にしたころですね
てつたび先生はじめみんな同じ想いでしょう
でも、一番寂しいのは北垣駅長
あなたなんじゃないですか?
(法華口駅)




アートフィルターは邪道か?
10月12日(木曜日)



このごろサブ機のSTYLUS1sのモードは
ARTの中のドラマティックトーンがほぼ独占
普通に撮ると、真っチロケの空と
発色の悪い赤い花
自らの技法は、ほとんどできない
お任せコースですが、この絵画チックな仕上がりが
すきなんだなぁ
フィルム時代は、銀残しという技があったそうです
こういうの撮っていると、あきらめたはずの
あいつが欲しくなる
思い切ってタバコやめますかぁ
(通勤途中にて)




お洒落は、やせ我慢から
10月11日(水曜日)



一度涼しくなっ後の暑さはつらい
昨年は、どうだったかと言うと
これは10月16日の撮影
この日もたしかに暑かった
ホームのTシャツのお姐さんが物語ってるよね
そこへロングブーツのお姐さんが登場
流石に今年はまだ見かけません
お洒落娘は、季節も先取り
でも、このお姉さんも絶対暑いはず
それより
ヒールの歩き方が少し残念
(新大宮駅)




焦らず行け
10月10日(火曜日)



人生には、師匠もいれば仇もいる
今日、一枚の訃報の便りが届いた
この人の場合、師匠と言うより恩人
僕が今あるのは、このかたのおかげです
以前勤めていた会社の社長
数年前、最後のお別れのつもりで会いに行ったときには
すでに歩行器を使っていました
お別れは済ませていたつもりでしたが
やはり寂しい
そこで選んだ一枚がこれ
信号は、黄色
注意して、それでも前に進めと言われている気がします
享年92歳
教えは、あまり守れていませんが
お世話になりました
(伊予氷見駅)




未確認飛行物体発見!?
10月9日(月曜日 体育の日)



珍しくというか初めての試みなんです
本日は、休日を蹴飛ばしての
業界で言うとこの生活残業
その割り内容はハードでしたけどね
帰りに西を見ると茜空
と言うことはあそこで狙える
三脚を立てたりしていたら間に合わず
これはその次にきたヤツ
10分前は、もっと鮮やかだったんですけど
左上の緑の物体は、UFOか?
多分レンズのゴミですな
初めての長時間露光
いろんな事を教えてくれる
一枚になりました
(大阪モノレール 蛍池〜柴原)




「ちゃん!もう帰ろ」
10月8日(日曜日)



先日までの肌寒さが嘘のような今日の暑さ
まるでこのころの季節を思い出す
海岸の見える駅で見つけた
最強の子連れ撮り鉄
お父ちゃんは、懸命に構図を探していますが
背中なの子供さんがなんとも気の毒
それに当分電車はやってきませんよ
(下灘駅)




このトンネルは、また来たい
10月7日(土曜日)



超俯瞰からの撮影
天井の煤からして気動車
架線がないからすっきりです
ここは何がすごいかと言うと
これからトンネルにはいるんだけど
そのトンネルが、丹鶴城(新宮城)跡の直下
トンネルを抜けると熊野川橋りょう
もっと絵作りしたかったんですが
次が例によってしばらく来ません
新宮駅は、JR西日本と東海の境の駅
東海エリアは、非電化区間
こいつは、ワイドビューひだで使っている
あれですね
車両のことは良く知りませんが
(新宮〜鵜殿)


触って伝わるもの
10月6日(金曜日)



写真を撮りたいと思ったもの
可能なかぎり触れてみるようにしている
ダムに凝っていたことは
必ず触れていましたね
ただのコンクリートなんですが
強大な水圧に耐えているのが伝わってくる
この動輪にしても
重量とトルクに耐えて、動力を伝えていました
ぐっと耐えているものが好きなんです
辛抱が足らない僕が言うのは
おこがましいんですけど
(伊予西条駅)




季節は移り過ぎ
10月5日(木曜日)



最近撮った中では、お気に入りの1枚
珍しく、編成写真です
どこかで使おうと仕舞い込んでいたら
季節が変わってしまいました
鉄道写真は、カーブが面白い
インカーブの迫ってくる感じがいいね
でも、主役は夕日です
(伊予小松〜玉之江)




今月今夜のこの月を
10月4日(水曜日)



今宵は、中秋の名月
月の撮影は、本当に難しい
予想以上に明るく、予想以上に
動きが早いのでありますな
家からも狙ったのですがまったくダメで
思い出したのが伊予西条
今宵ではなくひと月前の月
満月もいいけどドラマティックなのは半月
暗い境がなんともエキゾチック
まさに
Dark side of the moon

ちなみに
つたない「ぼく鉄」も4年目に突入しています
先月は、過去最高のヒット数をいただきました
数字を気にして続けているわけではありませんが
やはり、励みになっています
日ごろのお礼を申し上げるとともに
今後ともよろしくお願いいたします
(伊予西条駅)




大胆な線の中にも
10月3日(火曜日)



何かしら色っぽさを感じる
そんなモニュメント
なぜここにあるのかは、まったく
意味がわかりませんが
ちょっと気に入りました
良く見るとメガネをかけている
たった一本の線ですが
それで十分表現できている
さらに良く見ると、その先に
少し線を飛び出させて
レンズも描く
最小限の技法で
最大の表現する
見習う点が多々あります
(高松築港駅)




赤いしずく
10月2日(月曜日)



朝からずっと雨
通勤の雨は勘弁願いたいけれども
被写体としては、実に面白い
ドアの確認灯にできたしずく
滴り落ちる瞬間を捉えようと思ったら
相当の根気が必要です
コンデジでもここまで撮れます
雨が上がって季節が変わったら
写真が一番楽しい季節やね
(阪急電車 曽根駅)




ごく普通にすごいこと
10月1日(日曜日)



のんびりYou-Tubeで本四架橋架橋の児島・坂出ルートの
テストを見ていました
1000t列車が走って最大たわみ80cm
設計の範囲内
1988年開通ですからもうすぐ30年
開通まで様々な物語があったことも
今は忘れ去られ
何もなかったように列車が通ります
ここに技術屋の醍醐味があります
(児島駅))