写真と文
もりた ぼくてつ
生業:親切な機械屋さん
趣味:写真と立ち話


mail
hirotymorita@Gmail.com


今日の「ぼく鉄」アーカイブ

2020年
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2019年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2018年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2017年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2016年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2015年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

2月
1月
2014年
12月
11月
10月
9月
7月〜8月





Photography needs to stop being art,   
It needs to stop expressing feelings,    
When it is completely a record.      
It can be something.

写真は芸術であることをやめ 
内なるものの表現であることをやめて
記録に徹すると時
なにものかであり得る 

ある写真家のこの言葉が好きで写真を撮り続けています


今日のぼく鉄

母さん ぼくのこの髪どこに行ったんでしょうね
8月10日(火曜日)



このカメラで撮った古い色あせた写真
体重は、自然減でこのころと変わりない
明日は、その母さんの初盆の法要
仏事の意味が少しわかる年齢になってきた今日この頃です




盆休み初日にして
8月9日(日曜日)



正直言って
家にいるより仕事しるほうがいいのであります
なにより涼しい
というわけで明日は自ら買って出ての休日出勤
当然、撮影にも行きますよ!




こんなところに駅
8月8日(土曜日)



以前通りっかったとき駅の看板らしいものを
車の中から見えたような気がしたんですが
まさか、こんな山の中に?
でもやはり
駅は存在しました