写真と文
もりた ぼくてつ
生業:親切な機械屋さん
趣味:写真と立ち話


mail
hirotymorita@Gmail.com


今日の「ぼく鉄」アーカイブ

2020年
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2019年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2018年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2017年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2016年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2015年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

2月
1月
2014年
12月
11月
10月
9月
7月〜8月





Photography needs to stop being art,   
It needs to stop expressing feelings,    
When it is completely a record.      
It can be something.

写真は芸術であることをやめ 
内なるものの表現であることをやめて
記録に徹すると時
なにものかであり得る 

ある写真家のこの言葉が好きで写真を撮り続けています

GANREFに投稿しています
今日のぼく鉄

3Baba
11月25日(水曜日)







枯葉が翔ぶがごとし
11月23日(勤労感謝の日)



まさにそんな心境です




天使の羽
11月22日(日曜日)



普段、胡散臭いのばかり撮ってるのですが
じつはこういうC調なのも撮れるんだなぁ、じつは
で、撮った本人のドーパミンが上がるかというと
これはまた別の話になるんだよね


飛べる幸せ
11月21日(土曜日)



空前のダメージを受けた航空業界
それでも健気に飛んで行く
アカネの空はなみだ色




泣くのが嫌ならさぁ歩けぇ
11月15日(日曜日 ぼくてつの日)



人生は一気に飛ぶわけにはいかない
少しずつ歩いていくしかないんだね
後から来たのに追い越され
まあ、それもいいじゃない




私の手が語る
11月11日(水曜日)



気持ちよくて寝てるのか
それとも辛くてふて寝してるのか
今日は少々お疲れのようですが
分厚い職人の手が人生を語っています




上から読んでも下から読んでも「れ」
11月9日(月曜日)



カメラひとつもってるだけで
街の見方がガラッと変わる
写真はおもしろい!




冬の足音
11月7日(土曜日 立冬)



今日は立冬
秋は通り過ぎ、やがて冬へ
季節感がなくなってきて久しいけれど
どこかにそれを見つける
これも写真の楽しみです