今日のぼく鉄

復活を待つ
10月26日(日曜日)



ここまで朽ちた車両は見たことないけど
なんせあきらめないのが社是の桃電
熟成してるのかもしれない
楽しすぎる!




連行荷重がゆく
10月18日(日曜日)



久しぶりに大阪市内を徘徊した
15Kmは歩いたかな
オールドレンズ+マニュアルフォーカース+マニュアル露出+老眼
で、ここまで撮れれば立派なもんです
写真を機材のせいにしちゃいけません




光と影
10月17日(土曜日)



白黒にすることで立体感がでる
ただそれだけで十分な気がする




ときどき君がわからない
10月14日(水曜日)



これが撮りたくて来たのに大ブレ!
そこで思いついたのがこのタイトルです




醤油が香る車庫
10月11日(日曜日)



なぜ銚子鉄道に濡れ煎餅が生まれたのか
疑問だったんだけど
答えは現場にあった
奥に見えるはヤマサ醤油のタンク
朽ちた車両が引き込み線をふさぐ
珍しい光景
雨の日ならではのしっとり感が出た




銀河出発進行
10月10日(土曜日)



国鉄時代の通勤快速117系が夜行列車として復活
新しい夜行列車の旅が増えるかなくなるのか
この列車は、ラストランだけ盛り上がる
鉄道ファンに鉄道の意義を問いかけてくる
鉄道文化を生かすも殺すも我々次第です





曼殊沙華とヒマワリの競演
10月4日(日曜日)



遠くまで行かなくても彼岸花はいつものところに
いつものように咲きました